全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>豊田合成・前田一誠「イゴールがいると悪い意味で頼ってしまう」ティリカイネン監督「今日は相手が素晴らしかった」

会見・コメント

2019-03-13 12:07 追加

豊田合成・前田一誠「イゴールがいると悪い意味で頼ってしまう」ティリカイネン監督「今日は相手が素晴らしかった」

ファイナル6の会見

V1リーグ 男子

ファイナル6開幕戦、パナソニック対豊田合成(3-0)の豊田合成記者会見

◆豊田合成トレフェルサ

●トミー・ティリカイネン監督

まずはパナソニックにおめでとうと伝えたい。言えることは相手チームがとてもいい質で力強くバレーをされた。その結果われわれの強み・特長を見せることができず、このような結果になってしまった。今日、いくつかの場面で判断を迫られたが、そこで正しい判断ができたか自問するところがある。また明日試合をする機会があるので、それに新たな気持でやりたいと思います。選手にも期待しています。

――先程おっしゃった、判断に迷ったというのは、監督自身の判断? 具体的には?

トミー監督:ここで具体的に話すことは避けたい。試合に向けてわれわれどのチームでもされているが、こういう作戦で行こうという判断があるが、今日の試合も同じくゲームに対してアプローチしたが、試合中自分のチームに対してヘルプすることができなかった。

――イゴール選手が8試合ぶりですし、試合勘など。起用の狙い。3レグはイゴールがいなくて結果が出せた中で、今後の起用は。

トミー監督:言えることは、ひとりひとり全員が明日は頑張ってくれる。

――2セット目3セット目に勝岡選手をずっと出し続けたが、彼にはレセプションを期待したのか、スパイク面を期待したのか。

トミー監督:われわれはまだ彼のスタッツをチェックしていないが、それを見たらはっきりわかると思います。それを見て判断してください。

――サイドアウトがなかなか通らなかったが、サーブなのかディフェンスなのか、どういう質で相手が素晴らしかったか。

トミー監督:全般的に常にパナソニックはいいチーム。相手の弱いところも研究して準備もしてくる。すべての面で選手も素晴らしい。誰一人負けたいと思う人はいない。いえることは、我々の動きもあまり良くなかったが、今日は相手が良かった。まだ再戦できるのをねがっています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事