全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>日本代表の福澤達哉(パナソニック)パリバレーに移籍「自分の限界に挑戦したい」

トピックス

2019-09-11 15:00 追加

日本代表の福澤達哉(パナソニック)パリバレーに移籍「自分の限界に挑戦したい」

海外移籍のお知らせ

V1リーグ 男子 / 全日本代表 男子

11日、パナソニックパンサーズは所属する日本代表のアウトサイドヒッター・福澤達哉選手が2019/20シーズンにフランスのパリバレーに移籍することを発表した。福澤選手は北京五輪をはじめ数多くの大会に日本代表として参加。また、パナソニックの3度の3冠などにも貢献している。

<移籍選手>
福澤達哉(ふくざわ たつや)
背番号:15
生年月日:1986 年 7 月 1 日 (33 歳
ポジション:アウトサイトヒッター
身長:189cm
所属:洛南高校→中央大学→パナソニック

球 歴:
2008年 北京オリンピック出場
2008/09シーズン パナソニックパンサーズ入団
V.プレミアリーグ新人賞受賞
黒鷲旗で若鷲賞とベスト6受賞
2009年年 アジア選手権2大会ぶりの優勝に貢献、最優秀選手賞獲得
ワールドグランドチャンピオンズカップにおいて銅メダルを獲得、ベストスパイカー賞に選出
2009/10シーズンシーズン 史上初の天皇杯、V.プレミアリーグ、黒鷲旗3冠達成に貢献
2010アジアクラブ男子選手権大会 日本代表として出場 3位
2011/12シーズン 2度目の度目の天皇杯、V.プレミアリーグ、黒鷲旗3冠達成に貢
V.プレミアリーグ MVP、ベスト6受賞
2012/13シーズン V.プレミアリーグ 準優勝 ベスト6受賞
世界クラブ選手権大会出場
2015/16シーズン マリンガ(ブラジススーパーリーグ)へ移籍
2017/18シーズン 天皇杯 優勝、、V・プレミアリーグ優勝、黒鷲旗史上初 3度目の3冠達成に貢献
2018/19シーズン V.LEAGUE Division1 優勝
2019アジアクラブ男子選手権大会 日本代表として出場 準優勝
2019/20シーズン移籍先:PARIS VOLLEY(フランスリーグ)

福澤選手コメント

今シーズン、フランス1部リーグのPARIS VOLLEY に移籍することが決定しました。
今回の挑戦は、パナソニックやパンサーズ、そして家族の多大なるサポートとご理解があって実現しました。本当に感謝しかありません。
自分が目指すゴールにたどり着くためには、目の前にある道を一歩一歩進んでいくしかない。その一歩をより大きな一歩にするために私はフランスに行きます。
オリンピックの前年、年齢的な問題、新しいチームでの0からのスタート。
正直不安がないとは言い切れません。
リスクを考え出すとキリがありません。
でも新しい挑戦には必ずリスクが伴うのも事実です。
そんな時私が一番に考えるのは、心の底から挑戦したい、やってみたいと思えるかどうか。「成功すると思うからやってみたい、それができないと思うから行かない」という判断基準では後悔を生みます。

私はバレーボールが大好きです。
だからこそ自分の限界に挑戦したい。
その大好きなバレーボールで、この年齢まで常に挑戦し続けられる環境があること。
こんなに幸せなことはありません。
多くの人の応援とサポートがあっての挑戦です。
パナソニックを、そして日本を背負って、覚悟を持って戦ってきます。
今よりも成長した姿を、この年齢でもまだまだ先に進めることを、必ずみなさんにお見せ
したいと思います。
パナソニックパンサーズと共にこれからも変わらぬご声援をよろしくお願いします。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事