全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>柳田将洋「モチベーションが高く、それを発揮するだけと思っていた」西田有志「自分の出来はよくなかったが、チームが勝ててよかった」 W杯2019男子チュニジア戦談話

会見・コメント

2019-10-04 22:30 追加

柳田将洋「モチベーションが高く、それを発揮するだけと思っていた」西田有志「自分の出来はよくなかったが、チームが勝ててよかった」 W杯2019男子チュニジア戦談話

W杯男子チュニジア戦談話

全日本代表 男子

ワールドカップ2019男子大会チュニジア戦にストレート勝利した日本チーム・石川祐希、西田有志、柳田将洋の談話。

――今日のゲームを振り返って。

石川:1セット目、少し危ないところがありましたが、 2、3セット目は自分たちのペースでゲームができたと思います。

――そして、西田選手は色々な思いもあってこの試合に臨んだと思います。ご自身の出来はいかがですか?

西田:20点ぐらいです。でも、チームがこうして勝てて良かったですし、これからまだ連戦が続くので、それにしっかり照準を合わせてやっていきたいと思います。

――ただ、今日の試合、西田選手はほとんどスパイクのミスがありませんでした。石川選手から見て、今日の西田選手はいかがでしたか?

石川:フェイントをうまく使ったりして、ポーランド戦の反省を生かしてやっていたと思うので、今日はとても良かったと思います。スパイクだけでなく、サーブも良かったので。

―― それを聞いて、西田選手はいかがですか?

西田: めっちゃ嬉しいです。まだまだ頑張りたいと思います。

―― これからまだ戦いは続いていきます。石川選手は西田選手にどんなプレーをしてほしいですか?

石川: 思いっきりプレーしてほしいと思います。ただそれだけです。

―――言いにくいと思いますか、 西田選手は石川選手にどんなプレーをしてほしいですか?

西田: チームが厳しい時に石川選手にボールが集まることが多いのですが、今とても良いコンディションでやっているので、コンディションを崩さずに頑張っていただけたらと思います。

――最後に、アメリカ戦に向けて一言お願いします。

石川:本当に厳しい戦いになると思いますが、 今日のようにサーブで攻めてしっかりやっていきたいと思います。

西田: チームはいい状態に仕上がってきていると思うので、明日はチーム一丸となって戦いたいと思います。

――そして柳田キャプテンです。 4連続サービスエースがありました。いかがでしたか?

柳田: いい結果につながって良かったと思っています。

―― そしてスパイクでも初得点となりました。

柳田:なかなか出場機会がなかった中でトスを集めてくれたことに感謝しています。

――3セット目、スタメンと聞いてどんな気持ちになりましたか?

柳田:本当にモチベーションが高かったですし、それを発揮するだけだなと思っていたので、いい気分でコートに立てたと思います。

――そして、今日はリベロの古賀(太一郎)選手の誕生日でした。古賀選手の娘さんも同じ誕生日だったということで、チームとして良い勝利をプレゼントできたのではないでしょうか?

柳田:昨シーズン、同じポーランドでプレーした先輩なので、(誕生日を祝いたかったので)コートに立てたらしっかり結果を出してやろうと思っていたので、しっかりと勝てて良かったと思っています。

――この勝利はチームにとってどんな意味がありますか?

柳田:確実に自信になっていると思いますし、明日からまた厳しい戦いが続きますけど、これをエネルギーにして頑張っていきたいと思っています。


写真:FIVB

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事