全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>日本、石川・柳田が揃ってスタメン。アジア選手権で敗れたオーストラリアにストレート勝利 W杯2019男子

ゲームレポート

2019-10-09 21:09 追加

日本、石川・柳田が揃ってスタメン。アジア選手権で敗れたオーストラリアにストレート勝利 W杯2019男子

W杯男子オーストラリア戦の結果

全日本代表 男子

 バレーボールワールドカップ2019男子大会は9日、広島グリーンアリーナで第6戦が行われ、日本は世界ランク16位のオーストラリアと対戦。3-0(25-17、25-22、25-22)で勝利した。日本の通算成績は4勝2敗。
 
 日本は今大会初めて柳田将洋・石川祐希が揃ってスタメンとなった。一方、平均身長2mを超えるオーストラリアは9月のアジア選手権で日本に勝利しており、エース・ウィリアムズを中心とした高さのある攻撃で接戦が予想されたが、日本は第1セットを25-17で先取すると、第2セットは接戦に競り勝ち25-22、第3セットも後半競り合うが、25-22で逃げ切り、ストレートで勝利した。

 日本チームのスターティングメンバーは、
 関田誠大、柳田将洋、高橋健太郎、西田有志、石川祐希、小野寺太志、リベロ・山本智大。

 第1セット、石川の攻撃が光り、関田の2本のサービスエースや高橋のクイックなどで10-2と日本が先行する。その後、オーストラリアが追い上げ、3連続ポイントするが、西田がライトから決め、16-9。セット後半は2枚替えで入った大竹壱青がフェイントを決めたり、現在ブロックランキング6位の小野寺がこの試合1本目のブロックを1枚で止めるなどで活躍。柳田もバックアタックを決め、23-16。最後は石川のサービスエースで25-17でセットを先取した。

 第2セットも同じメンバーでスタート。日本の攻撃がなかなか決まらず、コンビミスもあり、オーストラリアがウィリアムズを中心とした攻撃で先行する展開に。2-6となったところでセッターを藤井直伸に交代する。その後、日本が石川のバックからの巧いフェイントや高橋のサービスエースで7-7と追いつく。その後は一進一退の接戦となり、藤井のサービスエース、柳田のバックアタックなどで15-14。柳田はレフトからも決め、西田のサービスエースで18-16となったところでオーストラリアはたまらずタイムアウトを要求する。小野寺の2本のクイックなどで20-18、石川が止められる場面があり、相手のツーアタックなどが決まり、日本がタイムアウト。タイム明けは相手のサーブミスで23-21となったところで大竹がワンポイントブロッカーで入る。最後は西田のブロックとスパイクが決まり、25-22でポイントを連取した。

 第3セット、石川に代えて福澤達哉を入れてスタート。西田がサーブで崩し、8-6でテクニカルタイムアウトに。この後、相手のミスにも助けられて点差を徐々に離し、柳田のサービスエースで15-9、相手のタッチネットで16-11でテクニカルタイムアウトを迎える。後半、ウィリアムズ、サンダーソンらの攻撃に苦しめられるも逃げ切り、最後は西田がライトから決め、25-22で勝利した。

 次戦は10日に世界ランク5位のロシアと対戦する。


写真:FIVB

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事