全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>FC東京・迫田郭志「ジェイテクトの浅野選手を見習っていきたい」、プレモビッチ・ピーター「V.LEAGUEのチームはディフェンスが良いことが分かった」

会見・コメント

2019-12-02 12:21 追加

FC東京・迫田郭志「ジェイテクトの浅野選手を見習っていきたい」、プレモビッチ・ピーター「V.LEAGUEのチームはディフェンスが良いことが分かった」

V1男子 FC東京対大分三好 FC東京会見コメント

V1リーグ 男子

11月23日に大田区総合体育館(東京都)で行われた2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)、FC東京vs大分三好の会見のうちFC東京の選手、監督のコメントをお届けする。

FC東京 3(25-21 25-16 20-25 23-25 15-12) 2大分三好

■FC東京

●プレモビッチ・ピーター選手

初勝利ができ、満足しています。今までずっと苦しんできたので最高の気持ちです。決して簡単な試合ではなく、向こうのチーム(大分三好)も強いチームでした。1セット、2セットが良く、3セットはちょっと集中力が落ちました。今日は私たちの日でしたから、勝利に繋がって嬉しいです。

●迫田郭志選手

開幕からずっと苦しい思いをしていたので、今日の1勝は本当に大きいことだと思っています。今日の勝利を起点に明日から波に乗っていけるように連勝をして、工夫をして臨んでいきたいと思います。

――プレモビッチ選手へ。(V.LEAGUEで)初めてプレーをして、明日で1レグが終わるのですが、ほぼ(対戦相手が)1巡してリーグについてどう感じているのでしょうか?

プレモビッチ:日本で初めてプレーをして思うのは、週末ゲームが連続してしているのがかなりハードです。アタックについては100%のコンディションでいかないと得点を決めるのは難しいです。日本の(リーグの)ディフェンスは非常に良いので、この勝利で気持ちをつかんで、続けたいと思います。

――これからご自身のプレーで上げていきたいところは?

プレモビッチ:日本の(リーグの)ディフェンスについてブロックに当てないように、今からそのような気持ちでやっていきたいと思います。ブロックタッチを使っても相手の選手が崩れるようなプレーを今から練習をしてやっていけば、勝利につながると思います。サーブがもう少し良くならないといけないと思います。
日本のリーグのディフェンスが非常に良いので、今までは思い切りハードヒットをすれば得点につながったのですが、今はそうではないということが分かりましたので、いろいろ改善してやっていきたいと思います。

――迫田選手に。昨シーズンもプレーをしたと思うのですが(注:昨シーズンは内定選手として所属)、今シーズン開幕から出場しての手応えは?

迫田:自分自身は今シーズンからの出場となって、今日初めて勝利をして素直に嬉しいです。この苦しい状況の中で勝てたことは非常にチームにとって士気も上がりますし、この後良い方向に向かっていけば良いのかなと思います。

――今シーズンV.LEAGUEの舞台で目指したいことは?

迫田:人でいうとジェイテクトの浅野選手のようなプレーを目指したいです。背は大きくありませんがチームを纏める力を持っているので、そこを見習いたいと思います。

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事