全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>WD名古屋がホームで2連勝。パナソニック首位で今年の日程が終了 V1男子

トピックス

2019-12-23 09:28 追加

WD名古屋がホームで2連勝。パナソニック首位で今年の日程が終了 V1男子

V1男子の結果

V1リーグ 男子

素材提供:(c)V.LEAGUE

 バレーボール2019-20 V.LEAGUE DIVISION1 MEN(V1男子)は22日、武田テバオーシャンアリーナ(愛知県)と三島市民体育館(静岡県)で試合が行われた。

 愛知ではホームのWD名古屋が大分三好と対戦。フルセットとなり、5セット中3セットがデュースにもつれ込む激闘となったが、第5セットは25-23で名古屋が辛くも勝利した。続いて行われたパナソニックとVC長野の1戦は、パナソニックがストレートで危なげなく勝利し、再び首位に立って、今年最後の試合を終えた。

 一方の静岡大会はホームの東レがサントリーにストレートで敗れ、2連敗となった。堺はFC東京にストレートで勝利し、2連勝。

 次回は年明けの1月11日に東京、広島、熊本で試合が行われる。

【順位】※Pはポイント
1位 パナソニック(15勝1敗44p) 
2位 ジェイテクト(15勝1敗42p) 
3位 JT広島   (13勝3敗38p)
4位 サントリー (11勝5敗34p) 
5位 東レ    (7勝10敗23p) 
6位 WD名古屋  (7勝9敗21p) 
7位 堺      (6勝10敗19p) 
8位 FC東京   (3勝14敗8p) 
9位 大分三好  (2勝14敗8p)
10位 VC長野   (2勝14敗6p) 

素材提供:(c)V.LEAGUE

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事