全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>東九州龍谷・荒木彩花「3度目の正直。全員で日本一を勝ち取れたことがただただ嬉しい」 春の高校バレー優勝記者会見(女子)

会見・コメント

2020-01-16 18:41 追加

東九州龍谷・荒木彩花「3度目の正直。全員で日本一を勝ち取れたことがただただ嬉しい」 春の高校バレー優勝記者会見(女子)

春高バレー優勝記者会見(女子) 東九州龍谷高校

高校バレー 女子

 12日に幕を閉じた春の高校バレー 第72回全日本バレーボール高等学校選手権大会女子優勝校・東九州龍谷高等学校(大分県)の優勝記者会見コメントをお届けする。(#は背番号)

決勝 東九州龍谷(大分)3(25-16、25-15、25-22)0 古川学園(宮城)

竹内誠二監督

今回優勝できたことは正直、嬉しいの一言です。 相原昇前監督と一緒に4年間コーチをしてきて、昨年4月から監督をさせて頂いていますが、選手たちが迷うことなく一緒に戦ってくれて、感謝しかないです。特にキャプテンの荒木(彩花)は温厚で優しい子なのですが、練習では日本一になりたいという思いを全員に浸透させるように、嫌われ役を買って出てやってくれました。私が色々言う前に自分たちでやってくれて、それが最高の結果につながって、本当に嬉しく思っています。

この大会を通じて、どうしても1年生がスタメンに多く出る関係で、独特の雰囲気に呑まれるのではないかということで、初戦を大事にしてきたのですが、その中で荒木と2年生エースの室岡(莉乃)が非常に落ち着いたプレーで、1年生がのびのびとプレーさせてもらい、プレッシャーなく思い切りやって、最後の決勝を迎えることができたのではないかと思います。

金蘭会との準決勝も、昨年一昨年と決勝で敗れた中で、茨城国体では勝ったとはいえ3セットマッチの2点差で「運よく勝ったな」くらいの感覚でしたが、昨日は「必ず5セットいくぞ。5セットいったら自分たちのやってきたことを信じてやれば絶対勝てる」と荒木がみんなに言ってくれていました。それが現実となり、いい結果が出ました。
今日の決勝では「感謝の気持ちを全員で表すように。コートに立たせてもらっていることについて、 全ての人たちに感謝をして、最高の舞台で最高のバレーをすれば自ずと結果はついてくるんじゃないかな」と言いましたが、本当に最高のバレーをしてくれたのではないかと思います。

4月からいろいろな意味で相原前監督のようにはうまくはいかず、予選でもセットを取られて苦しんだりなど、いつ負けてもおかしくないところから選手が一つになってやってくれて、僕を本当に助けてくれて、試合に臨んでくれたなと。それが正直な気持ちです。今日は最高のバレーを選手たちがしてくれて、僕が見ていても本当に強いなという印象を受けました。

#2 荒木彩花主将(3年/184cm/MB)

今回の春高でやっと優勝ができて、春高の舞台は去年も一昨年もセンターコートを経験しているのですが、あと一歩のところで優勝に届かず、2年連続で涙をのむ結果となってしまっていました。 今回の春高では3度目の正直で日本一になることができ、誰がすごいとかそういうことではなく、全員で勝ち取ることができたので、今はただただ嬉しいというそれだけの気持ちです。

その中でも相原前監督が急に退任になり、選手の中でも戸惑いはあったのですが、やっていくことに変わりはなかったですし、竹内監督もみんなのことをしっかり考えてくださって、チームがどうすれば良くなるかなど、とにかく選手がやりやすいようにという環境づくりを全力でやってくださいました。選手のみんなも「竹内先生のためにも日本一になって、先生に監督賞をプレゼントしたいよね」と話していたので、それが実現できてよかったです。

インターハイではベスト8、国体では準優勝という、いい負けを知ることができたので、今回こういういい形での日本一を経験することができたと思います。
応援してくださっている保護者の皆様や、学校関係者の方々、後援会の方々などへの感謝の気持ちを忘れずに、今回の春高でも1試合1試合に 全力を注ぐことができたので、いい結果になりましたし、胸を張って大分に帰れるので、すごく嬉しいです。

#1 佐藤華純(3年/178cm/MB)
3年生最後の大会でこのメンバーで日本一を取ることができて、 本当に嬉しいですし、今まで支えてもらった周りの方々に感謝の気持ちでいっぱいです。

#3 岡部紗弥(3年/175cm/MB)
23人で嬉しい時も苦しい時も一緒に乗り越えてきたので、最後に日本一になれてすごく嬉しいし、一番に支えてくれた両親に感謝を伝えたいと思います。

#4 佐村真唯(1年/167cm/OP)
この1年間苦しい時もありましたが、3年生が支えてくれたり、サポートしてくれたので、ここまでこれてよかったです。3年生のためにも日本一になれてよかったです。この経験をこれからに活かしていきたいと思います。

#5 室岡莉乃(2年/162cm/OH)

国体、インターハイと悔しい思いをしてきて、やっと春高で日本一になれて、3年生と一緒にバレーができて、よかったなと思いました。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事