全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>パナソニック仲本賢優(内定)が足首手術のため離脱

トピックス

2020-01-22 20:51 追加

パナソニック仲本賢優(内定)が足首手術のため離脱

選手の故障について

V1リーグ 男子

パナソニックパンサーズは22日、内定選手の仲本賢優が足首の状態改善のための手術で離脱することを発表した。仲本選手は19日の地元沖縄大会でVリーグデビューを果たしたところ。1/25、26の枚方大会は不在になるが、2/1以降は帯同の予定。

故障部位は右足首で、診断結果は右足関節三角骨障害、右足関節インピンジメント症候群。復帰時期は2020年4月下旬となる見込み。

仲本賢優選手のコメント
チームやスタッフの方々と話し合いを重ねた結果、以前から痛めていた右足首を手術する運びとなりましたことを皆様にご報告させていただきます。
先日のデビュー戦では多くの方から激励していただき、心より感謝しています。今回の決断は、より長く現役生活を続けるための前向きな選択です。まずは焦らずにしっかりと治し、また一から頑張っていく所存です。
いよいよリーグ戦も終盤に差し掛かっており、チームは一丸となって、目標である3連覇を達成すべく日々の練習に取り組んでいます。これからも共に勝利を掴み、喜びを分かち合いましょう。
引き続きパナソニックパンサーズへのご声援をよろしくお願いします。(公式サイトより)

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事