全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>パナソニック・クビアク「バレーボールにおいて点をとるのはスパイクだけではない」WD名古屋・山田脩造「今日自分が起用されたのは、高梨選手のレセプションをカバーし、得点を期待されて」

会見・コメント

2020-02-05 19:19 追加

パナソニック・クビアク「バレーボールにおいて点をとるのはスパイクだけではない」WD名古屋・山田脩造「今日自分が起用されたのは、高梨選手のレセプションをカバーし、得点を期待されて」

パナソニックとWD名古屋の記者会見コメント

V1リーグ 男子

2020年2月2日 パナソニックパンサーズ3-1ウルフドッグス名古屋の記者会見コメント。ウルフドッグス名古屋は、ホームゲーム最終戦でもあり、またファイナルステージへの可能性を少しでも高めるために是が非でも勝ちたかったところ。第1セットは名古屋のサーブがパナソニックのレシーブ陣を崩し、デュースの末名古屋がとった。2セット目からは終始パナソニックのペースで3セットを連取。

■パナソニックパンサーズ
●白澤健児
昨日サントリーさんにいい形で勝って、そのいいイメージを持ちながらスタート入りたかったんですけど、相手のホームゲームということでもありますし、ウルフドッグスさんは5位をかけて一小を撮りに行く勢い
終始サーブで攻められた。予想外でした。
パスを返す人たちがいいパスを返し続けてくれたのでこういう結果になったと思います。

●久原翼
思った以上にサーブを攻めてきて、すごく返しづらい、いいサーブを何本も入れてこられたので、そういうサーブが来ても、セットを取られないようにしたいと思いました。

●山内晶大
ウルフドッグスのホームということで、1セット目からガンガンサーブで攻めてきたので少し押されてしまった。そのあとも相手はいいサーブを攻めてきたんですけど、こちらが対処して上に上げて、攻撃を組むことができたので勝つことができた。

●クビアク
勝てて嬉しい。また次に試合があります。
来週も2試合、その次も1試合。
私達は直接ファイナルに行けることを望んでいます。

――試合中フェイクセットのバリエーションがいろいろありましたが、あれが全部ですか? まだありますか?

クビアク:バレーボールでは25種類以上の点のとり方があります。ブロックアウトだったり。相手よりも自分がそれ以上に使っていければいいと思います。

バレーボールにおいて点数をとるのはただスパイクだけではない。常にどうやって点を取ろうかなと考えています。

――そのバリエーションはビーチバレーで培われたものですか?

クビアク:2004年まで真剣にビーチバレーをやっていた経験があります。みなさんにもバレーボールの序盤にビーチバレーを経験することをおすすめしたい。視野が広くなるから。

――久原選手に。今シーズンサーブの面で意識していること、リーグのここまでの出来について。
久原:サーブに関しては、去年からボールが変わったので、なかなかフローターの効果が出にくくなった。なかなか納得のいくサーブの効果があげられていない。
相手の嫌なところを狙ったりということはできると思うので、それはやっていきたい。

――白澤さんに。今年の戦い方。ファイナル6ではなくファイナルステージなど、終盤に来てのシステムならではの難しさ面白さ。

白澤:僕らは、いつも相手がどこであろうと「自分たちのバレーをしっかりする」というのが一つある。ですが、システムは少なからずやっぱりやりにくさはある。その一つが、ファイナルとファイナル5に回るか、一週なかったりもある。連戦になる分しんどさもあると思います。今日も昨日サントリーさんと3-0で終わりましたけど精神的に疲れましたし、今日は12時からで、リフレッシュのことを考えると、今年もファイナルに一気に行けたらいいと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事