全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>姫路 髙橋 咲妃惠、片下恭子、イブナ・マラが退団

トピックス

2020-03-21 07:00 追加

姫路 髙橋 咲妃惠、片下恭子、イブナ・マラが退団

姫路 退団者の発表

V1リーグ 女子

 ヴィクトリーナ姫路は、2019-20シーズンをもって髙橋 咲妃惠、片下恭子、イブナ・マラの3選手が退団することを発表した。

 髙橋選手は2012年に古川学園高を卒業後、トヨタ車体、仙台ベルフィーユを経て、2018年に姫路に入団。2019-20シーズンはキャプテンとしてチームを支えた。退団後はバレーボールから離れるという。

 片下選手は2008年に東九州龍谷高を卒業後、デンソーに入団し、2010年に引退。その後、2016年のチーム創設と同時に姫路に入団して現役復帰を果たし、リベロとして堅実なプレーでチームに貢献した。

 ブラジル出身のイブナ選手は2019-20シーズンの外国人選手として同チームに入団し、ポイントゲッターとして活躍した。

 3選手のコメントはチーム公式サイトへ。



写真:堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事