全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>柳田将洋、五輪延期についてコメント「2021年に向けての目標ができ、新たなモチベーションを持つことができています。」

会見・コメント

2020-03-25 19:55 追加

柳田将洋、五輪延期についてコメント「2021年に向けての目標ができ、新たなモチベーションを持つことができています。」

柳田将洋コメント

Others / 全日本代表 男子

バレーボール日本代表主将の柳田将洋が25日、所属事務所を通して東京五輪の1年程度の延期についてコメントを発表した。

「今回の東京五輪延期に関して予想はできていましたが、正式決定には非常に驚き、これが現実なのだと受け止めているところです。
一アスリートとしては、とても残念ではありますが、最も大事なことは健康が守られるということですので、この決定に感謝しています。
自分にとって、2021年に向けての目標ができ、新たなモチベーションを持つことができています。まだまだ不安な状況が続くと思いますが、この状況を乗り越えて、また、皆さんに楽しんでいいただける強い姿を見せたいです。
みんなで頑張っていきましょう。」

柳田将洋は今季ドイツ一部リーグでプレー。リーグはコロナウイルスの蔓延の影響により途中で終了し、今は日本に帰国している。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事