全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>つくば、2020-21新体制を発表 前コーチの五十嵐元氏が監督就任 阿部航平が新主将に

トピックス

2020-06-17 15:28 追加

つくば、2020-21新体制を発表 前コーチの五十嵐元氏が監督就任 阿部航平が新主将に

新体制の発表

V2/V3 男子

V.LEAGUE DIVISION2男子のつくばユナイテッドSun GAIAは17日、2020年度のスローガンおよび新体制を発表した。
コーチを務めていた五十嵐元氏が新たに監督に就任した。都澤みどり前監督は部長となった。

五十嵐監督は北海道出身、順天堂大学から豊田合成トレフェルサ(現・ウルフドッグス名古屋)、大分三好ヴァイセアドラーを経て、つくばユナイテッドSun GAIAに入団し、2015-16シーズンまでプレイした。筑波大学大学院を修了し、2018-19シーズンからつくばのコーチ。

五十嵐元・新監督

また、新主将に阿部航平(背番号4、ミドルブロッカー)、副将に鈴木匡教(背番号26、オポジット)各選手が就任した。

2020年度(2020-21シーズン)は「変革」をスローガンに掲げた。チーム公式サイトでのコメントによると、選手やスタッフに大きな入れ替わりのある中、チームとしての成績のみならず、社会に影響を与える存在として向上しなければならないという使命感を持って取り組むとしている。

阿部航平新主将

新体制は下記の通り。

部長:都澤みどり
副部長:不老浩二
監督:五十嵐元
チームコーディネーター(トップチーム総括スタッフ):上場雄也
主将:阿部航平
副将:鈴木匡教

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事