全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>代表エース石川祐希「プレッシャーを感じることもありませんし、すでにオリンピックのことを考えていることもありません。今はこの素晴らしいチームで戦っていくこと、もっと成長することを望んでいます」

会見・コメント

2020-09-05 13:23 追加

代表エース石川祐希「プレッシャーを感じることもありませんし、すでにオリンピックのことを考えていることもありません。今はこの素晴らしいチームで戦っていくこと、もっと成長することを望んでいます」

Others / 全日本代表 男子

会見での石川祐希(所属チーム提供)

石川祐希のコメント
石川は、まず昨シーズン、ミラノと対戦した時、ミラノというチームを大変気に入ったと述べ、「今、私はアリアンツ・パワーバレー・ミラノのために、全力でプレーします」。と高らかに宣言した。

「たくさんの方のお力添えのおかげで、14日間の自主隔離を終えた後、スムースにチームに行流することができました。チームメイトは皆親切で、スタッフはとても厳しいですが、それは同時に、共に切磋琢磨していくことを大変嬉しく思います。モデナで一緒にプレーした、マッテオ・ピアノ選手はすでにしっています。今シーズンは、これまでと少し状況が異なりますが、コッパ・イタリアもレギュラーシーズンも、いいスタートを切ることが非常に重要だと考えています。プレッシャーを感じることもありませんし、すでにオリンピックのことを考えていることもありません。今はこの素晴らしいチームで戦っていくこと、そしてもっと成長することを望んでいます」。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事