全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>パナソニック永野健「途中から入るときに一番気をつけているのは、ムードを上げること」クビアク「明日は明日の風が吹く」

会見・コメント

2020-11-12 12:15 追加

パナソニック永野健「途中から入るときに一番気をつけているのは、ムードを上げること」クビアク「明日は明日の風が吹く」

パナソニック記者会見コメント

V1リーグ 男子

チームを鼓舞するベテランリベロ、永野健

2020年11月7日のパナソニックパンサーズ対サントリーサンバーズ(0-3)の試合後記者会見コメント。パナソニックから、途中でコートに投入された永野健、深津英臣主将、チームの要、ミハウクビアク、ティリ監督に話を聞いた。

■パナソニックパンサーズ
●永野健
今年のリーグ初の敗戦。6連勝中という勢いを持って臨んだんですけど、相手がしっかりやることをやってきたのかな。大事なところではムセルスキー、それ以外は他で回すっていうバレーを徹底してやられたというのが印象ですね。あとちょっとだったと思うんですけど、そこの修正が遅れて、僕たちが敗戦してしまった。そういう印象です。

●深津秀臣
今日はどっちが勝ってもおかしくない展開、実力の差だったと思います。そんな中でもやっぱり相手はサーブを武器に今シーズン戦ってきていて、(今日も)それを最後まで貫いてきた。そうなったときにウチも逆にサーブでやり返すっていう気持ちでやっていければ、最後の20点以降全然逆転できると思うので、とにかく今日うまくやれなかったところを明日しっかりと準備していきたと思います。

――永野選手に。今日の試合では3セット目の途中から伊賀選手に代わっての出場でしたが、コートに入る際に何かティリ監督から指示などはあったのでしょうか。またそのコートに入る際のご自身の心境を教えてください。

永野:監督の期待というか、どういう風に入ってほしいっていうのは、直々には言われてないですけど、僕自身はやっぱり、自信を失った選手たちを立て直してほしいのかなと。僕自身はそう考えていました。あとは僕が途中から入ることで、僕が一番気を付けているのが、プレー云々というよりも、ムードだったりします。それは途中から出る選手にとっては、難しいですけど一番大事なことであって、それはチームの勝敗を左右することだと思うので。だからプレーよりもムード。それを僕は徹底してやりたいなと思います。この前も(大分)三好戦に出ましたけど、それを一番注意してやりました。

――しかし今日はそのムードを変えられなかったということでしょうか。
永野:その部分もあるのかな。それはまあ、僕が決めることではない。皆さんが決めることだし、チームに勝敗というのはつきものなので、それが足らなかったのかもしれない。チーム一丸となるところが足らなかった。何が原因かというのはハッキリはしないですけど、出たからにはもっとやれることがあったんじゃないのかなというのは考えます。

――深津選手に。今日の試合では相手のムセルスキー選手がミドルのポジションでブロックしていましたが、それについて試合中にセッターとして意識されていたのでしょうか。

深津:そうですね、意識してやっていかなきゃいけないと思っているので。Aパスで返っていい状態の時は、(ムセルスキー)が真ん中にいてくれた方が楽なんでいいんですけど、崩されたときにどこでもブロックに来るっていう状況になるとしんどい。そうなったらちゃんとスパイカーの打点を作って、スパイカーに託すトスを上げていけばいいと思いますし、Aパスでムセルスキーが真ん中にいても、駆け引きしてある程度点数を取りにいかなくちゃいけない部分と、反対側に行く部分と、そのゲームの流れとかを読んでもう少しやっていけたらいいかなと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事