全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>長友優磨「サーブの差をすごく感じました」真保監督「荒療治でプレモビッチを下げました」FC東京会見

会見・コメント

2021-02-09 10:11 追加

長友優磨「サーブの差をすごく感じました」真保監督「荒療治でプレモビッチを下げました」FC東京会見

FC東京会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MEN 2021年2月7日(日)、サントリーサンバーズ対FC東京の試合後記者会見をお送りする。
試合は首位サントリーに8位東京がフルセットと善戦したが、最後はサントリーが逃げ切った。

●長友優磨
 一言で言うと、本当にサーブの差だなっていうのを、今日すごい感じました。

●手原紳
 1から4セットの中で、積み上げてきたものの結果が5セット目。サーブで崩されてとか、 自分らが通したい所を通せなかったりとか、その結果が5セット目のあの点差。4セット目を取って、その後を取れないっていう所、僕ら結構フルをやっているんで、そこを変わらないというか、取り切れない原因を考えていけないなと思いました。

――長友選手に。サーブの差とあったが、1セット目からはFC東京もサーブが強くてかなり押してセットを取ることにも繋がっていたが、それでも感じたサーブの差とは。

長友:1セット目、僕らもサーブは凄く良かったし、そこで点数を開いたりはしていたが、2セット目・5セット目では勝負所での攻めのサーブ、柳田選手だったりムセルスキー選手のような勝負所で必ずエースを取りに来る部分では、うちとの差なのかなと。僕たちは崩せているけど、サーブで点は取れたりしていないので、そういうところの差なのかなと思いました。試合中ですけど、もっとサーブ練習をしようと思いました。

――柳田選手を狙って崩していたように見えたが。

長友:マサが取った後の数字は少し落ちているのはデータで出ていて、マサが取って自分が打つっていう所の数字が落ちていたので、そこはしっかりと、ターゲットとしてはチームで決めていたので、狙っていきました。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事