全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>WD名古屋・小川智大「パナソニックさんのサーブのクォリティが良かった」山田脩造「ショートサーブに苦しんだので、明日はそこを対策したい」

会見・コメント

2021-02-21 10:00 追加

WD名古屋・小川智大「パナソニックさんのサーブのクォリティが良かった」山田脩造「ショートサーブに苦しんだので、明日はそこを対策したい」

WD名古屋会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGIE DIVISION1MEN 2月20日大阪府枚方市パナソニックアリーナで行われたパナソニックパンサーズ対ウルフドッグス名古屋の試合後記者会見をお届けする。2位のパナソニックと3位のWD名古屋との直接対決でもあり、ポーランド代表主将のクビアクと今季から名古屋に加入したポーランド代表オポジット(世界選手権MVP)のクレクの対決でもあり、重要な試合であった。

試合は、各セットとも僅差だったものの、3-0でパナソニックがストレート勝利。

■ウルフドッグス名古屋
●小川智大(リベロ)
パナソニックさんは非常に強い相手で、サーブのクォリティがかなりいいという印象でした。それに対して、僕らのレセプションからのサイドアウトが効果率がすごく低かったのが、負けた要因だったと思います。

――先程「パナソニックのサーブがいい」と言われました。現在パナソニックはチーム別サーブ効果率が1位。受けてとして、どんなところが取りにくいのか。

小川:前衛の選手のスクリーンと別のところに打ってきたり。それは多分ティリ監督の指示だと思うんですけど。その指示を実行できる力というのがパナソニックの選手には備わっている。
個人的には、とりにくいというのはない。うしろ3人もそう思っていると思います。
ただ、セッターが上げにくい、個々からのボールは上げにくいコースにサーブを打ってくる。

――天皇杯では対戦してますが、リーグでは初めての対戦でした。まだ3戦残っていますが、ここからどう修正しますか?
小川:天皇杯のときは主にポジション1の僕がレセプションするところに多く打ってきたのでサイドアウトは取りやすかったんですけど、今は色んなバリエーションで売ってきた。
今はサーブレシーブが僕らが戦っていくポイントになる。
あとはサーブですね。サーブの効果率が低い。僕らのサーブがいいときは、パナソニックさんはしっかりキープして、オポジットの清水さんが打ち切る形だと思っているので、そこを僕らはどうやってトランジションをとりきるかというのが修正点になると思います。

●山田脩造
今日は1、2セット目は結構追っていく展開。うちがちょっとうまくいかなかった。落としてしまって、3セット目は結構いい感じで入れたんですけど、パナソニックさんにすごくいいプレーがあって、逆転して負けてしまった。
僕らからすると、もっとよくできたなという部分が結構あったので、明日それを改善して臨みたいとおもいます。

――言われたように、3セット目は中盤までリードされていました。何がポイントで逆転を許してしまったのでしょうか。明日に向けてどう修正するか。
山田:流れのスポーツなので、相手もすごくいいバレーしてきて、うちがついてくという形じゃなくて、同じく攻めていくっていう精神状態といいプレーが続いてちょっと先に出れたのかなと思います。

逆転された要因は、正直良くわからないんですけど、僕が思うのは、向こうのブロックディフェンスがより良かったのかなと思います。うちがレシーブして、ディグしてトランジションアタックが決まらなくなってきた。逆転された要因と個人的に思います。でも紙一重でした。そこを詰めて。明日に関しては、向こうのショートサーブにうちは苦しんだので、対策もしてきたつもりなんですけど、クォリティ高いサーブを何本も打たれて、それに対応ができなかった。明日はそれを1本でも返せるようにしたい。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事