全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>ゲームレポート>石川祐希のミラノ、プレイオフ初戦を3-1で勝利「良いスタートが切れた」

ゲームレポート

2021-02-22 17:28 追加

石川祐希のミラノ、プレイオフ初戦を3-1で勝利「良いスタートが切れた」

ミラノゲームレポート

Others / 全日本代表 男子

試合会場に掲出された応援写真と石川祐希(所属事務所提供)

バレーボール日本代表エース石川祐希の所属するイタリアリーグ1部セリエAミラノは21日、プレイオフ予選ラウンドの初戦をヴェローナと戦い、3-1(25-16、25-19、20-25、32-30)で白星スタートを切った。

予選ラウンドは3試合中先に2勝した方が本選(準々決勝)へ進出できる。8位だったミラノは、9位ヴェローナとの対戦となった。

石川はこの試合もスターィングメンバーとして出場し、ミラノは1、2セットを連取。セッターのスベルトーリ(#6)が巧みなトス回しでミラノアタッカー陣を活躍させ、この試合のMVPとなった。2-1とリードしての第4セット。両チームとも一歩も譲らずデュースとなるが、最後は石川のサービスエースで32-30として試合終了。

次戦は、2月24日(水)、トルコ・アンカラでおこなわれる“CEVチャレンジカップ 準決勝”、ハルクバンク・アンカラとの一戦に臨む。

この試合では、先月に開設された「パワーバレー・ミラノ日本公式サポーターズクラブ」の企画として、日本のサポーターから届いた応援写真がアリーナに掲出された。無観客での開催の中、チームに大きな力を与えた(応援写真は、プレイオフ終了まで、適宜掲出される。サポーターズクラブ会員のみ参加可能。詳細は、https://www.powervolleymilano.tokyo/。入会受付中。応援写真の受付期間は3月21日まで)

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事