全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>インタビュー>身長差34センチの名コンビ、レアンドロ・ヴィソット&小澤翔対談

インタビュー

2014-12-16 19:09 追加

身長差34センチの名コンビ、レアンドロ・ヴィソット&小澤翔対談

JTサンダーズを今年から牽引する凸凹コンビ

V・プレミアリーグ 男子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

JTサンダーズに今年加入したビッグな助っ人は、ブラジル代表オポジットのレアンドロ・ヴィソット。ニコニコ生放送では「でかい人」の愛称で人気者の212センチ。そして今季レギュラーメンバーとして活躍する小澤翔は、東海大出身の元オポジット、現在レフト。身長はチーム最小タイの178センチ。二人の身長差はなんと34センチ! 天皇杯を7年振りに優勝し、今季も好調なJTサンダーズを引っ張る二人に対談していただいた。

―まずは、お互いの紹介をしてください。

レアンドロ・ヴィソット選手

レアンドロ・ヴィソット選手

レアンドロ・ヴィソット:以下レオ)僕の小さいお友達の翔さんです(笑)、右利きのウィングスパイカーで、背は低いかもしれませんが、本当に凄いプレイをする選手だと思います。

小澤翔:以下翔)レオさんです(笑)、身長はすごく高いんですけど、身長が高いのが武器ではなく、すごく繊細な上手いプレイをして、世界で活躍したビッグスターです。

レオ)おー、サンキュー!

二人―(笑)

―JTの印象は?

レオ)すごく良いチームだと思います。ちょうど来日して2ヶ月くらいです。新しい環境、新しい国、新しいリーグのシステムに慣れるまで、すごく難しいのですが、大分慣れてきていますし、バレーだけではなく生活だったりも、地元でプレイしているような気持ちでプレイできています。ホームのような感じですね。

―JTに来たいきさつを教えてください

レオ)電話で監督と話をして日本のシステムだったり、バレーボールだったり、生活環境だったり、そういうことをいろいろ話をして、あとはJTの内部のことを話を聞いていたので日本に来ることは楽しみにしていました。

翔)僕は、最初にJTが熱心に呼びかけてくれたので、それに応えたい気持ちもありましたし、あとは大学の先輩がいっぱい居たので。チームがこれまで一度も優勝していなかったのもあったので、そこで初優勝できたら良いなと。

―JTには東海大出身選手が6人。ひとつのチームに6人も同じ大学出身の選手がいるのは珍しいと思うのですが、どう思いますか?

レオ)同じ大学出身の選手が多いのは、非常にプラスの面が多いと思います。お互いが昔から良く知っているというのは、コートの中でもチームの中でも良い影響を及ぼしてくれると思います。

翔)その通りだと思います(笑)

―JTがこれまで優勝していないことについて。

レオ)日本に来るまでその事を知らなかったのですが、すごく、とても興味深い話。JTって現存するチームで、日本で一番歴史あるチームですけど、一度も優勝したことが無いチーム。逆に言えば2部に落ちたことがないチームなわけですけど。そこでチャンピオンになるということは、自分にとってのすごくモチベーションに繋がる事だと思いますし、もちろんプレッシャーは、優勝したことがない分、大きくのしかかって来るとは思うんですけども、そうは言ってもそうする為には日々練習して自分達が優勝に向けて正しい方向に進んでいかなきゃいけないと思いますし、あとはメンタル面で大事なときに勝利を掴むことかな。

気持ち・ハートの部分、精神力の部分で大きくなることができれば、そこに近づくチャンスができると思います。

翔)その通りだと思います。去年は決勝で負けたんですけど、さっきレオが言ったとおり、そういうときにどういうメンタルに持っていくか。メンタルの部分に関してはレオをお手本にする事がいっぱいあるので、選手ひとりひとりが感じて行動していくことが優勝するためへの近道なんじゃなかなと。

小澤翔選手

小澤翔選手

―対談の企画趣旨でもあるのですけど、身長について、福山大会のヒーローインタビューで「小さい選手でもこういう事ができるんだ」というということを仰ったそうですが、そこも絡めて、180cmない選手がサイドアタッカーとしてやることについて、アピールみたいなものをお願いできますか。

翔)最初は身長でコンプレックスというかイメージがついてしまうのは、僕がバレーをやっていく中で、絶対重荷になるというのは思いながらやってたんですけど、今の監督に「バレーは身長じゃないよ、気持ちとやる気があればできる事だからその辺お前は気にするな」と言われてから、身長は関係なしにコートに立ったらやるだけだと思いますし、逆にこの身長だからできる事もあると思うし、周りの選手の見方も変わってくると思いますし、今は良い方向に考えながらやっていると思います。

―レオさん、率直におうかがいしますが、今までこれぐらいの選手でサイドアタッカーは初めてではないですか?

レオ)今まで実際サイドアタッカーで一緒にプレイした選手で188cmが一番小さい選手だったんです。でも、実際に彼のプレイをみても、数字的なものも、現時点で一番ブロックでポイント稼いでる選手ですし、身長だけでプレイするものでもないと思いますし、178cmしかないですけども、彼の与えられた役割、持ち味を活かして自分のプレイに徹するだけだと思います。難しい状況になったとしても、もともとバレーはミスがつき物なスポーツですから、ミスはみんながすると思いますけど、そこでメンタルをいかに強く崩れずに保ってプレイして自分のプレイを発揮することに集中するならば、身長というのは気にならないものだと思います。

体全体を使った小澤選手のスイング

体全体を使った小澤選手のスイング

―ブロックランキングの話がでましたが、レオさんはサーブで1位、小澤君はブロックで5位でサイドアタッカーではトップ。そのあたりを、お互いどういう所が良いと思いますか?

レオ)彼がブロックに入るときに並びなので、ちゃんと見ることはできないのです。ただ、ブロックのタイミングだったりポジション位置取りだったり手の出し方だったりというのが、すごくブレないで良い形で出せてるって言うのがポイントに繋がっていると思います。

翔)ん~、レオさんのサーブはたぶん受けている人にしか解らないんですけど。サーブの速さで言ったら、今まで受けてきたサーブと変わらないと思うんです。でも、強さとか回転の指数が違ったり、さっき獲ったボールと違う球種の球を打ち分けるので、受けてる僕としては次どういう質のサーブを打ってくるのか予測できない。そのくらいの球種があって難しいです。それがエースに繋がったり崩したりすることに繋がってるんじゃないですかね。

レオ)アリガトゴザイマス(笑) (日本語で)

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック