全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>JT、合成を破り7ポイントで首位に 堺、ジェイテクトが上位チームを破る

トピックス

2015-03-02 03:08 追加

JT、合成を破り7ポイントで首位に 堺、ジェイテクトが上位チームを破る

V・プレミアリーグ男子の結果

V・プレミアリーグ 男子

V・プレミアリーグ男子のプレーオフ、「ファイナル6」が1日にスタートし、レギュラーラウンド首位のJTが同3位の豊田合成を3―2で破った。2季ぶりの優勝を目指す同5位の堺は同2位のサントリーにストレート勝ちし、ともに勝ち点4。前回王者でレギュラーシーズン4位のパナソニックは同6位のジェイテクトに2―3で敗れた。

今季導入されたプレーオフは、レギュラーラウンド上位6チームが総当たりのリーグ戦を実施。レギュラーラウンドの成績で5~0の勝ち点を持ち越す。1位は決勝、2位と3位は準決勝に進む。

順位 (ポイント)
1位 JT(7)
2位 堺(4)
3位 豊田合成(4)
4位 サントリー(4)
5位 パナソニック(3)
6位 ジェイテクト(2)

VOM エルナンデス 越川優 佐川翔

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック