全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>全日本男子始動記者会見NEXT4他

会見・コメント

2015-04-20 17:00 追加

全日本男子始動記者会見NEXT4他

全日本男子全員コメント南部監督インタビュー

全日本代表 男子

OLYMPUS DIGITAL CAMERA羽牟会長
男子に関しましてはきついきつい長いトンネルの中を歩んでおります。多くのバレーファンにご期待いただきながらそれに応えることができず、関係者として反省しています。
昨年素晴らしい今後につながる成果を上げてくれた。仁川で銀メダル。これは復活への序章に過ぎない。リオデジャネイロ、東京五輪という檜舞台がまっている。
学生を中心とした、経験のない若い若いチームで、高身長の選手をそろえました、この檜舞台へ向かっていく所存であります。

荒木田強化本部長
南部監督が率いて2年目。登り甲斐のあるところにおりまして、用意はできております。ワールドカップ。優勝は難しいかも知れません。最強はいけなくても最高、いいぞ日本と言われる日本を目指して頑張る所存です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA小田勝美男子強化委員長
若い選手たちを育てなければ男子バレーの再生はあり得ません。アジア大会においても石川、柳田、出耒田、山内といった若い選手が活躍して結果を出してくれました。今年はさらに若い選手を選出したチーム構成になっています。今年は非常にタイトなスケジュール。
ワールドリーグ、アジア選手権では若い選手を大いに使い、がんばっていきたい。この一年一丸となって参ります。

南部監督
今年は最もチャレンジしなければ、勇気を持って行動しなければならない。オリンピックまで16ヶ月を切り、OQTは13ヶ月もありません。ワールドカップで成績を残せるように全力をつくします。

まずは、全日本男子2015年の目標は、昨年アジア大会においてイランとの差は実感させられました。今年はアジア選手権、ワールドカップで、イラン、オーストラリアとの対戦が予想されます。今年度中にどうしても白星を挙げたい。どうしてもアジア選手権は優勝したい。ワールドカップでは、アジアのライバルに競り勝って2枚の切符の可能性に全力を尽くしたい。
チームのテーマ、固定観念の排除。これを挙げています。ほぼ百パーセントといっていいほど体格では相手が勝っています。我々も2メートルの選手を集めていますが、世界は2メートル10の世界にいます。身長が高いからハンディがあるとか、筋力が違う骨格が違うからハンディがあるというイメージを払拭する。そういう強化方針の下やっていきたい。過酷な練習や、海外でたくさんの経験を積まなければならない。そういった考えの基海外遠征を組み込んでおります。
最大の目標であるワールドカップに向けて全力を尽くします。

ワールドリーグは大学の方と調整がついて、中心選手が帯同できる試合も何試合かあります。男子チームにおいてはこういった問題がまだある。今年はその強化と人気回復につとめたい。今は女子がかなり人気があるという状況ですが、それも意識しながら、男子も復活したんだと。そういわれるようにしたい。現場の我々だけでは絶対そういうものは作れない。皆さんの力をお借りしたい。

新キャプテンの発表
キャプテンは、阿部裕太。
彼はここ何年かは代表から離れておりましたが、世界大会も過去何度も経験しておりますので、(昨年の正セッターである)深津英臣をサポートして上手く展開してもらいたい。

―人気と実力のさらなる向上をめざす具体的なプランはありますか。
実は去年、柳田、山内、高橋健太郎、石川、をデビューさせた。
今年は何か彼らに自覚と責任感を持たすためにいい方法はないかなと。人気だけ上がってもそこだけが先行してしまうと本人たちにマイナスになってしまうのですが。人気と実力が備わったものにするべく、この4人に何かグループ名をつけようということになった。
ネクスト4というグループ名で売り出したいと思います。表記はアルファベットの大文字でNEXT4です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NEXT4
柳田石川に関しては、ウィングスパイカーとしては中心的役割をになってほしい。
高橋はもともとジュニアではミドルブロッカーでしたが、今年からオポジットにコンバートしました。潜在能力高さ、清水以降なかなか日本のオポジットがいない。それに続く存在 最終的には日本を背負う役割になってほしい。

―小田さんに。OQTの確定事項は?
私自身も詳細はまだ聞いておりません。日程も聞いておりません。日本で開催し、8カ国の中で4カ国が出場できる。

―オポジットの戦力分析、リベロの戦力分析を南部さんに。
Vリーグにおいてどうしても外国人をそこに起用しますので日本人選手が育たない。シーズンが終わってすぐに海外の対戦行った時に、清水以外の選手は技術が伴っていない。しかし清水も昨シーズンの成績を見ても、一枚ブロックであればある程度世界と対等の勝負ができる、Aパスであれば。
松岡、高橋が清水の控えのオポジットになります。高橋はある程度高さは行けます。高さを武器にしながら、まだこれからですので、技術をどれだけ早く身につけられるか。

リベロについては、今回3人のベテランリベロを入れております。
日本で最も重視しないと行けないのはレセプション。パスがある程度返れば勝負になる。ウィングスパイカーを若い選手をたくさん入れておりますので、その分をリベロに補ってもらう。
戦力分析として、海外のリベロと日本のリベロでは、ハイセットをリベロが挙げると決定力が下がる。セッターがワンを触ったあとのを見ていくつもりです。

―越川・福澤が外れている意図を小田さんに。強化の構想から外れたのか。
個々の選手どうこうと言うことは言うつもりはありません。
若い選手が台頭しなければ勝てないというのが現実であります。長年清水越川福澤を中心にしてきました。
まずは今年は若い有望な選手を育てる。来年の5月6月にそなえ、ベテラン選手は充電期と思っています。最後のOQTを戦うときに力を貸してもらうことになるかも知れません。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック