全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>ロンドン銅・井上香織引退「チャレンジの1年が大きかった」

会見・コメント

2015-05-06 11:39 追加

ロンドン銅・井上香織引退「チャレンジの1年が大きかった」

井上香織引退コメント

V・プレミアリーグ 女子 / 全日本代表 女子

エースのミア、ロンドンの盟友佐野優子と抱擁

エースのミア、ロンドンの盟友佐野優子と抱擁

デンソー・エアリービーズ所属で、日本代表としてロンドン五輪銅メダルにも貢献した、井上香織選手が5日、黒鷲旗の準決勝・トヨタ車体戦での敗退をもって現役生活を引退した。今の心境について伺った。

 −−引退を発表しましたが。

井上香織(以下、井上):特別に変わりないですけど、まだ引退する実感は無いです。最終日まで残りたいです。(※4日に取材、5日のトヨタ車体戦で敗北)

−−黒鷲旗では途中出場が多いが。

井上:途中で出るのは難しいので、強い気持ちを持って、気後れしないように気持ちを出していきました。最終日まで残りたかったが、次のシーズンにつながる試合ができたと思います。

150505_01763-s−−現役時代の思い出は。

井上:良い時もたくさんあるけど、チャレンジリーグに落ちた1年間(2013/14シーズン)というのが、自分の中で凄く大きかったですバレーに対して考えることが多かった。特に濃い1年でした。降格した屈辱で、1年で戻れる保証が無い中、でも1年で上がらないといけないプレッシャーがありました。凄く長いと感じたシーズンでした。

−−だから、チャレンジリーグMVPを取れたのですね。

井上:それは…(微笑)

−−ロンドン五輪の銅メダルは思い出には?

井上:オリンピックは一生懸命ついていく感じだったので、メダルを取るために必死になっていく感じでした。

−−引退を決めた時期は。

井上:シーズン半分くらいで考え始めて、決断したのは、シーズン終了後の4月は行ってすぐです。あと1年続けるという覚悟が出来なかった。監督に伝えました。(現役というのは)それだけの準備がいるので、精神的にも大変で、そこが大きくなっていきました。

−−今後は。

井上:社業に専念します。バレーボールは、教室をどんどんやりたい。小さな子供達に教えていきたいです。

−−どういうバレー人生でしたか。

井上:私、(プレミアリーグとチャレンジリーグの)入れ替え戦を7回も経験しているんですよね。こんなに経験している選手は他にいないのでは。

−−精神的にタフになりそうですね。

井上:バレー人生にとって良い経験をして、凄く成長させてもらいました。これを次に繋げていきたいです。

−−お疲れさまでした。

 

プロフィール

井上香織(いのうえ・かおり)

1982年10月21日、兵庫県豊岡市出身。182cm。ミドルブロッカー。小4からバレーを始め、氷上高校では春高バレーやインターハイに出場。2001年にデンソーへ入団。ロンドン五輪の日本代表に選ばれ、銅メダルを獲得した。

文責:大塚淳史
写真:坂本清

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック