全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>黒鷲・JT車体・サントリー東レ記者会見

会見・コメント

2015-05-07 12:26 追加

黒鷲・JT車体・サントリー東レ記者会見

黒鷲旗男女決勝記者会見コメント

V・プレミアリーグ 女子 / V・プレミアリーグ 男子

トヨタ車体

泉川監督

この大会グループ戦からギリギリのところで勝ち進んで残ったが、今日に関してはJTさんの勢いとレシーブ集中力に全然歯が立たなかった。1セット目が勝負だった。あそこをとっていたらわからなかった。2セット目以降うちの持ち味が全く出せない展開になりました。

 

―相手のサイドアタッカーに対しての対応ができなかったのは、相手のセッターが変わったのが原因?

ブロックとレシーブの関係ができてなかった。相手はサイドにあげて思いっきり打ってくる。それがブロックできなかった。勢いがすごくあったので。

 

―向こうが入れ替え戦でああいった形で敗れて気迫がこもっていたか。

正直いって、簡単に勝てる相手ではないと思っていた。入れ替え戦で負けた悔しさとかがあったと思います。

でもうちは選手二人主力が抜けたんですけど。選手は本当に頑張ってくれた。またチームに持ち帰って来シーズン頑張りたいと思います。

 

―今大会全体の収穫と次のシーズンに向けての課題

スタメン以外の選手もこういった場を与えられて、選手については良かったと思います。今後については、うちの攻撃力が他のチームに比べると弱いのでそこを補強したい。

 

5番平松美有紀

まず、JTに負けてすごく悔しいんですけど、それ以前に自分たちのバレーができなかったことがすごく悔しい。JTさんが入れ替え戦にまけて、絶対今日勝ってやるという気持ちに臨んできた。相手の気迫や戦略に負けてしまって、自分自身情けない。もう今日終わったことは切り替えて。つぎどうやっていくかをかんがえてやっていきたい。

 

7番日隈佑

去年優勝して連覇できるチャンスだったんですけど、粘り強いバレーをして、今季一番良いバレーを個々人用意してきたのに、今日のうちよりJTさんの方が絶対勝ってやるという気持ちが強く、それにおされて、粘りのバレーを相手にやられた。今季締めくくりの試合で悔しい試合になりました。もっとできることがあるので、上を目指して、今年の悔しさを次にいかしたい。

 

竹田沙希

すべて二人がいったとおり、今日の試合に入る前に、どんな結果になっても自分たちがやってきたことを出し切ろうと思っていた。結果は、いつの間にか受け身になって向こうに主導権を握られたまま。そういう試合はいつもあり得ることだけどひっくりかえすことができなかった。自分たちで点を取り戻すことができなかった。そういうところをどこのチームよりももっていかないといけないのに、今日という大事な試合でだしきれなかったのは、今シーズン甘かった。練習の中でも二度と戻ってくるボールはないといっているんですが、今日のボールも二度と戻ってくるボールはない。今日の経験を活かして次のシーズンに。

 

―平松さんに

ブロックとレシーブの関係をかなりかきまわされたのは。

今までの試合で、結構フェイントをされることが多くて、フェイント対策をしようとしていたのが、今度は長いコースを打たれて、ぶれてしまった。メリハリをしっかりしていきたい。チーム全体的にブロックを強化したい。

 

―チャレンジマッチと違ったか。

オヌマーが今いなくて、あの時はオヌマーに最終的にあがるからということで2枚ついていたのですが、いなくて絞りきれなかった。

 

JTマーヴェラス

尾崎監督

優勝できたというところでとても嬉しいですし、選手にも感謝しております。わたしもこれで終わりなのですが、選手にも退団する子がいて、その子のためにという気持ちがあった。もう少しこれがチャレンジマッチのときに発揮できていたらという思いはある。最終的に勝つことができて良かった。

 

―チャレンジから含めると、オヌマーがいなくなって、どのような形で黒鷲に臨んだか。

さほどいじってない。オヌマー選手がタイのシステムもあるので、なかなか上手く回ってなかった。サイドの子たち全員バックアタックが打てるので、打てる子がバックにいれば打つようにした。

選手に最後ありがとうといわれたけど、逆にこっちがありがとうといいたい。

 

―2セット目に金杉を入れたが。

練習ゲームからなかなか調子が上がってこなくて、グループ戦も今ひとつだったが、やっとここというところでミスがなくていいところで点を取ってくれたので、練習を頑張ってきたのかなと。

今回の優勝は大きな優勝だったと思います。

 

―退団される前に胴上げをされてチームを去って行く監督は幸せなのでは。

感謝の気持ちしかないです。言葉に上手くできないです。

DSCN2161-s

15番横田千里

とりあえず本当に必死だったので、自分がこうしよう、ああしようというより身体が先に動いていた。本当に楽しめた。個人的には凄く良かった試合です。

 

20番金杉由香

今回、入れ替え戦で自分が悔しい思いをしたのでそれを取り返そうという気持ちで試合に臨みました。

 

11番上屋敷綾

今シーズン一番チームがまとまってすごくいい試合ができたと思います。いろんな人のためにという思いがまとまってパワーになったんじゃないかなと思います。優勝できてすごく嬉しいです。

 

―横田さんに

この黒鷲に関しては中心となってトスを上げていた。自分の中で最後という思いもあったと思うが。

私はまずスタートではなかったので、チームが苦しいときに落ち着かせるためとか、流れを変えるという役割がはっきりしていたので、それを全うしました。

 

―オヌマーがいなかったのは?

セッターはアタッカーに託すしかないので、チームメイト全員を信じてあげました。

 

―金杉さんに。昨日涙していたのは

昨日チームが落ちていたときに自分が出たときに、絶対今日につなげようと思っていた。それを監督のために、やめられる選手のためにと思った。

 

―横田さんに。

最後自分のサーブで決まったのは。

最初アウトだと思ったんですが、ジャッジがインだったのでちょっとぽかんとしてました(笑)

 

―金杉さんに。シーズン中フルで出ていたわけではないですが、今大会上手くいった要因は。

同期の田中瑞希選手ががんばってくれているので、私も負けてられないなと(涙ぐむ)。本当に同期で良かったです。良きライバルです。

 

―横田さんに。2セット目出たときの気持ちと指示を。

2セット目は、必死すぎてあまり覚えてない。私が出るということは流れを作り替えて欲しいということだと思うので、アタッカーにきちんと打たせるトスを上げよう、ディグもしっかりあげようという意識でやっていました。

 

―上屋敷さんに。最後に黒鷲で優勝できたことがこのチームに何をもたらしてくれるか。

プレミアも一緒の舞台でやる大会なので、そこで優勝できたのは、来シーズンにつながる大きな自信になりました。

 
COMMENTS
評価コメントが投稿されていません

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

現在、コメントフォームは閉鎖中です。

トラックバック