全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>インタビュー>岡山 河本監督「こんなふうに成長してほしい! 栗原恵選手」

インタビュー

2012-08-08 18:58 追加

岡山 河本監督「こんなふうに成長してほしい! 栗原恵選手」

V1リーグ 女子

課題は速攻のレシーブとスパイクフォーム

―具体的には、栗原選手のどのようなところを伸ばしていきたいとお考えですか?

河本 本人に苦手なプレーは何かと尋ねたところ、「バックセンターにいる時に速い速攻を打たれた時のレシーブ」と答えました。これは克服させたいですね。それから、攻撃面ではかぶり気味に打つ癖があるので、矯正できればと思います。バックスイングを小さめにするよう注意して取り組めば、ネットに近い短めのボールを打つ時も精度が上がるはず。木村沙織選手は短めのトスを方向を変えて打つのが得意ですが、栗原もこれが打てるようにしていこうと話しています。まずは3か月やってみよう。そして、V・プレミアリーグ開幕後、4レグの中で試合を重ねるごとにできるようにしていこう。最初から100%できなくてもいいから、と。以前よりできるようになったと自信が持てるような意識を身につけさせたいですね。

―逆に、栗原選手本人からはこんなプレーがしたいという希望はありましたか?

河本 本人もレシーブがうまくなりたいと言っていました。あとはバックアタックが打ちたいという希望がありました。セッターの宮下(遥)も成長してきたので、対応可能だと思っています。

―宮下選手について。よく「若手セッターはベテランスパイカーが育てる」といいますが、経験豊富な栗原選手に育ててもらいたいという期待はありますか?

河本 栗原は膝に故障を抱えているため、今はそれをかばいながら打つ癖がありますので、まずは膝の稼働域を広げられるような筋力の発達を考えなければならないでしょう。先ほどお話しましたように、スパイクの際にかぶったり、短めのトスに戸惑うことがあるので、宮下とはひとつひとつ密なコミュニケーションを交わしながら、お互いが伸びていく形がベストと考えます。どちらかが「育てる」というよりは、今の力をお互いに認め合いながら、今をスタートとして信頼関係を作り上げてほしいですね。

>> インタビューのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック