全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>JT深津「清水さんは大好きな先輩だから、本当に早く帰ってきてほしい」パナ山内「アクシデントがあり最後まで取り切れなかった」

会見・コメント

2018-02-22 22:10 追加

JT深津「清水さんは大好きな先輩だから、本当に早く帰ってきてほしい」パナ山内「アクシデントがあり最後まで取り切れなかった」

V1リーグ 男子

パナソニック

山内晶大 アクシデントがあり、1セット目は取り切れたが、2セット目3セット目も取りきりたかった。けが人が出ても勝てるチームを作ってきたが、今日はそれが突き詰められなかった。

 

今村貴彦

清水さんが怪我してそこに入ったが、1セット目はとれたが、2セット目以降機能することができなかった。悔しい気持ちがあります。

 

久原翼

色々アクシデントがあった中で、それでも勝つチームを今年は作ってきて、それが今までは回ってきたのに、今日は実践できなくて悔しい。

 

――山内選手に。アクシデントがあったあと、今まで以上に点を取ろうという思いは。

もちろん、アクシデントがある前からもやろうと思っていましたが、自分がそれまで以上に取ろうと思った。

 

――今村選手に。尻上がりに調子を上げてきたように見えましたが。

最初はなかなかトスが上がってこなかった。その分信頼されていなかったのだと思う。

 

――久原選手に。流れを変える役割で入ったが。

できたところもありましたが、1点ほしいところで決めきれなかったのが課題です。

 

――来週に向けて。

山内

誰が出ても勝てるようなチームというのを突き詰める。

 

今村

1週間で何か変えろというのは難しい。気持ちを整える。

 

久原

自分の役割としては流れを変えること。そこはどういう状況でも変わらない。チームとしては、いいとはいえない状況だけど、最善を尽くす。

 

川村監督

大きなアクシデントがあって、平常心を保つのが難しい試合でした。その中でなんとか切り替えようとはしていたのですが、JTさんの勢いに負けてしまった。

 

――4セット目被ブロックが多かったのは、勝ち急いだのか。

そうだったかもしれません。

写真:大塚淳史

 

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック