全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>豊田合成・高松「最後に僕に上げてくれた前田くんに感謝したい」パナソニック深津「負けたけど、やっぱ強いなと思わせれたのが収穫」

会見・コメント

2018-02-28 08:00 追加

豊田合成・高松「最後に僕に上げてくれた前田くんに感謝したい」パナソニック深津「負けたけど、やっぱ強いなと思わせれたのが収穫」

V1リーグ 男子

トミー監督「ファイナル6を勝ち抜けた要素はサーブ」
トミー監督
ファイナル6最後のゲームで、今日のゲームもタフでした。ファイナル6を勝ち抜ける要素として上げたいのはサーブ。我々は良いバレーをお見せできたと思う。

――3レグの最終戦の選手起用について質問したいのですが。イゴール、傳田、高松選手が出ていなかったが、どういう意図が?ペナルティはでなかったが。
トミー監督:試合に向けてはチームのことを考えて、それだけ。選手起用に関しても。長い目で見てチームのためになると考えての起用です。

――批判しているわけでないです。それでもチームを預かっている監督の裁量で。一方で、前日のパナソニックがベストメンバーでないということで制裁を受けたのですが、その差はどこにあったのでしょうか?ルールを知ってその起用をしたのか?
トミー監督:ルールを熟知した上でやりました。我々は常にルールを重視していてやっています。

――ルールについて監督はどう考えている?
トミー監督:大変申し訳ないですが、私がコメントできる立場ではない。私ができることはルールを遵守するしかない。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック