全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>内瀬戸真実「トヨタ車体は前向きないいチーム」山岸あかね「試合序盤にもっと拾えていれば」 V1リーグ女子12月1日深谷大会会見コメント

会見・コメント

2018-12-04 18:18 追加

内瀬戸真実「トヨタ車体は前向きないいチーム」山岸あかね「試合序盤にもっと拾えていれば」 V1リーグ女子12月1日深谷大会会見コメント

V1リーグ 女子

●山岸あかね選手

前半で流れをつかめなくて自分たちのバレーができませんでした。そのままずるずる行ってこういう結果になってしまったのかなと。
個人的には試合序盤にもっと拾えていれば、と。そうすればチームに流れも来ていたかもしれなかったので、そこが反省点です。

●堀江美志選手

チームの部分は山岸さんと同じ感想です。前半がダメでそのままという感じです。(点差を)詰めていっても自分たちがミスを出して、また点数が離れて、そのまま行かれてしまった。明日の試合(2日、JT戦)は前半からしっかり食いついていければいいなと思います。
自分のプレーですが、アタックに関してはAパスだけでなくハイボールが上がってきたものに対して結構決められてたかなと。ブロックではバックアタックに対して、もう少し対応しなくてはいけない部分もありました。明日も同様な展開が予想されるので、そこを今日の反省を生かしてやっていけたらと思います。

――山岸選手へ。代表を経験されて学んだこと。チームに還元できたことはありますか?

山岸:コミュニケーションですね。代表ではそれぞれが別のチームの所属ですから(意識的に)プレー以外の面でもコミュニケーションを多く取っていたのが印象的でした。そこをチームに帰ってきたときもやろうと。試合とか練習中でも自分から声をかけたり、積極的にコミュニケーションを取ろうとしています。

――引き続き山岸選手へ。昨シーズンと今シーズンのチームの違いはどこでしょうか?

山岸:昨シーズンはエースのケニア選手に頼ってしまうことが多かったですね。パスが崩れてしまったら、とにかくケニア選手に集める。今シーズンは外国人エースに頼るところは頼っているんですが、他の選手のバックアタックとか、コンビ、ミドルも使えているかなという印象はあります。

――堀江選手へ。若いアタッカー陣の中で2年目とはいえ中心的な存在です。ご自身ではどう感じていますか?

堀江:まだ2年目です。自分が中心とは考えていないですし、(コートに)入るか入らないかもわからない状況です。入った時は若さを全面に出してプレーできたらいいなと思っています。コートに新人が入ってきたときには、その新人に思いっきりプレーしてほしいので、自分が、というよりは新人をどう活かすかということを考えてプレーをしています。

――お二人に。今シーズンの個人的な目標を教えてください。

山岸:レセプション(サーブレシーブ)で直接の失点を防ぐ、少しでも減らすことを意識しています。パスヒッターへのカバーなどを課題としてやっています。

堀江:相手はパスヒッターを(サーブで)狙ってくると思います。いくら山岸さんがいるとはいえ守備範囲もありますので、自分も直接失点がないように、まずは(1本目の)パスを意識してやっています。

写真:堀江丈

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック