全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>フォトギャラリー>フォト 佐藤美弥・石田瑞穂ら デンソー vs PFU 日立 vs KUROBE 女子V1 ひたちなか 2018.12.8

フォトギャラリー

2018-12-11 18:39 追加

フォト 佐藤美弥・石田瑞穂ら デンソー vs PFU 日立 vs KUROBE 女子V1 ひたちなか 2018.12.8

V1リーグ女子フォトギャラリー

V1リーグ 女子

2018.12.8 ひたちなか市総合運動公園体育館(茨城県)で開催されたV.LEAGUE DIVISION1 女子 レギュラーラウンドをフォトでご紹介。

撮影 堀江丈

第1試合 デンソーエアリービーズ vs PFUブルーキャッツ 3-0(25-21、25-21、25-16)

●今シーズンはレシーバーとしてチームを支える山田美花主将(デンソーエアリービーズ)

終始デンソーのペースで試合は進んだ。結果的にチームの現時点での好不調がそのまま反映された形になってしまった。

PFUは苦しい状況の中、宇田沙織選手の奮闘が目を引く。厳しい中でプレイヤーとして覚醒していくこともある。彼女自身はキャリアの中でも最高潮にあるのではないか。チームとしては今後モクシ―チャッチュオン選手がどこまで順応していくかも注目である。

●モクシ―チャッチュオン選手(PFUブルーキャッツ)アジア枠で獲得したタイの期待の星。日本のバレーになじみつつある。今後ますます力を発揮していくことだろう。

●攻守に奮闘する宇田沙織選手。チームが苦しい中、献身的なプレーが目を引く。

●レシーブで活躍した吉安遥選手(左)。苦しい状況の中チームを引っ張る清水眞衣主将(右)。心に期するものがあるだろう。

●田原愛里選手(デンソーエアリービーズ)。4年目。安定したトスワーク。攻守のカギを握るチームの柱に成長した。クールな判断と外面の激しさを持っているのが魅力だ

●田原選手に耳打ちするシニアードジャック選手

●中川千世選手。リベロを交代制で運用するチームは多い。中川選手はディグを担当する

●石田瑞穂選手。バレーボールを知り尽くしたまさに職人。久光製薬に新鍋理沙あればデンソーには石田瑞穂あり。「粘り強く!」VOMインタビューでは開催地の名産である納豆にかけたナイスコメント。

多くの選手を起用し切磋琢磨。チームとして着実に力がついているのを感じる。

 

>> フォトギャラリーのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック