全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>パナソニックに完敗のFC東京 悔しさで山田、言葉が出てこず 天皇杯・準々決勝

会見・コメント

2018-12-20 17:01 追加

パナソニックに完敗のFC東京 悔しさで山田、言葉が出てこず 天皇杯・準々決勝

V1リーグ 男子

小森「(監督の)バレーの理論を理解すればもっとできる」

 リーグ戦中断前の数試合からこの日のパナソニック戦まで、徐々に出場機会を与えられていたのが小森郁己だ。専修大学から加入した1年目(昨年は内定選手)は、主将の長友優麿と交代で入ると、レセプションやスパイクで光るものを見せていた。特にスパイクでは、ストレートを綺麗に撃ち抜いたりするなど技術の高さを見せていた。「まだミスがあるので、(スパイクを)決められるところは、しっかり決められるようにこれからもっと練習していきたい。優麿さんに変わって出ましたが、パス、キャッチがメインでやって、出ている。もっと(返球率を)安定させて、皆が気持ちよく打てるようにしていきたい」と守備面での向上を口にした。

ロディ監督は小森にとって、初めての外国人監督。「日本人の監督と違うところがあって、最初は戸惑ったところあったんですが、今はちょっとずつ慣れてきて、バレーの理論を理解しながらやっていけばもっと(できる)。レシーブ面で言われているんで、もっと修正して、ロディが言ってくることを意識ながら今もやっている。それがちょっと結果がでているから、それはいいかなと思います。位置どりとかレシーブの仕方とか」

チームは負けが先行しているが、「早いバレーをやっているんで、そこで、もっとブロックの1枚の時に決めたりとか、フィニッシュがあまりできてない。そこができれば勝てるんじゃないかなと思います。リーグ再開に向けて、まだファイナル6を目指してがんばっていきたいと思います」と前向きだった。

写真・文:大塚淳史

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック