全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>石井優希「日立の速いバレーに崩されたところから立て直せたのは収穫」 黒後愛「まだ自分のプレーに納得できていない」 皇后杯準々決勝コメント

会見・コメント

2018-12-22 13:15 追加

石井優希「日立の速いバレーに崩されたところから立て直せたのは収穫」 黒後愛「まだ自分のプレーに納得できていない」 皇后杯準々決勝コメント

皇后杯準々決勝 試合後談話

V1リーグ 女子

12月16日に武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で行われた平成30年度皇后杯準々決勝4試合の試合後のコメントをお届けする。

■第1試合
久光製薬スプリングス 3(25-17、24-26、25-22、25-16)1 日立リヴァーレ

●久光製薬・石井優希選手

試合の入りは悪くなかったと思いますが、ラリー中の攻撃が少しバタバタしてしまいました。日立さんのバレーはセッターのスキルが高く、速いので、2セット目はそのリズムで自分たちの攻撃が崩されたかなと。でも、それを修正できたことは成長できた部分だと思います。どこが相手であっても自分たちのバレーを冷静に余裕を持って展開できれば勝利につながると思うので、来週の試合も優勝を目指して頑張りたいと思います。

●日立・窪田美侑選手

昨年は内定選手として、この大会に帯同していましたが、出場は初めてでした。負けてしまい、悔しいですが、思い切りプレーできたと思います。マークされてからの対策やサーブレシーブが課題です。
この試合でセットを取れたように、粘れば勝つチャンスもあると思うので、リーグでは絶対に久光製薬さんに勝ちたいと思います。

■第2試合
NECレッドロケッツ 3(22-25、25-22、25-21、28-26)1 デンソーエアリービーズ

●NEC・柳田光綺選手

リーグではデンソーさんにストレートで2勝していますが、自分たちの調子がすごくよかったわけではないので、今日は相手も絶対に勢いのいいバレーを展開してくると思い、受け身にならないように出だしを意識しました。でも、結果的にバタバタしてしまう展開となり、1セット目を落としてしまいました。サーブで崩され、ミスの連鎖が出てしまった感じです。その後、何とか立て直すことができたのはよかったと思います。
準決勝で当たる久光製薬さんはリーグの時にホームゲームでストレート負けをしているので、同じ会場(大田区総合体育館)でリベンジできるように、全員バレーで頑張りたいと思います。

●デンソー・東谷玲衣奈選手

負けて悔しいですが、年明けにリーグが再開したら、また頑張ろうという気持ちです。この大会は初めての経験でしたが、まだまだ自分はバレーが下手だなと実感させられました。サーブレシーブで狙われても上達のチャンスと前向きに捉えて、崩れずに攻撃で活躍できるように頑張っていきたいです。重いスパイクを打ったり、レシーブで安定できるように筋力トレーニングも頑張っています。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック