全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>全日本男子主将柳田将洋「上位の国と対戦できるのはいいこと。移籍はオファーの中で上位チームを選んだ」古賀太一郎「全て勝ちに行くが、アルゼンチンとイランにはしっかりと勝ちたい」

会見・コメント

2019-06-07 14:48 追加

全日本男子主将柳田将洋「上位の国と対戦できるのはいいこと。移籍はオファーの中で上位チームを選んだ」古賀太一郎「全て勝ちに行くが、アルゼンチンとイランにはしっかりと勝ちたい」

柳田主将、古賀太一郎談話

Others / 全日本代表 男子

バレーボール全日本男子代表の柳田将洋選手の前日公開練習の談話です。チームの状況、移籍についてなど(2019年6月6日武蔵野の森スポーツセンター)

 

――チームの状況はどうですか。

柳田:まだまだプレーのクオリティをもう少し上げないといけないと思います。去年のクオリティまでもまだ持ち込めてないので、最低限そこまでクオリティにこのネーションズリーグしていきたいです。この先のことを考えたときに、ワールドカップがあると考えたときに、そこで勝つって考えたらまだまだと思うので。

 

――日本のラウンドでの対戦相手(アルゼンチン、ブラジル、イラン)のと対戦で楽しみにしていることは。

 

柳田:3カ国とも世界でも上位の国で、それらの国とやれることは僕らとしてはすごくいいことだと思います。上位国になってくると僕らが対応したことに対して対応してくるので、例えば世界選手権もそうでしたけど対応して、されて、また対応してって言うのをやっていかないと、セットは取れるけど勝てないというゲームが増えて来ると思います。ですので僕らとしては、世界選手権を経験してるという意味ではそれを乗り越えて、そういう駆け引きまで持ってこれるようなゲームをしていければいいかなと思います。

 

――来シーズン、ドイツのフランクフルトへの移籍が決まりましたが、どういう経緯でそこに決定されたのでしょうか。

柳田:海外でやりたいということは継続してで考えていたし、あとは自分がオファーをもらうかつリーグの上位のチームでやりたい、レベルが高いところでやりたいということがあったので、そこでフランクフルトからオファーがあったのでそこに決定したという感じで。そんなに難しくはないです。自分が必要とされてるチームと話した結果です。

 

――他のチームからオファーはなかったんでしょうか。

柳田:それはやりたいという意思を表示すればチームはあったとは言われましたけど、例えばフランスとか。でも僕としてはなるべく上位のクラブでやるということによって練習から上手く、まあポーランドもそうでしたけど、1年通して上手くなれるところというところで選びました。

 

――1シーズンやってて国として住み慣れてるっていう要素も関係あるのでしょうか。

柳田:フランクフルトだから、まあ生活は楽でしょうけど、だからっていう選択ではないです。関係ないです。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック