全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>ゲームレポート>石川祐希、昨季覇者の壁を破れず3試合ぶりの黒星「非常に悔しい。チームも個人もよくなかった。ペルージャ戦に向け1点をもぎ取る力をつけたい」

ゲームレポート

2020-10-26 12:07 追加

石川祐希、昨季覇者の壁を破れず3試合ぶりの黒星「非常に悔しい。チームも個人もよくなかった。ペルージャ戦に向け1点をもぎ取る力をつけたい」

石川祐希ミラノ試合結果

Others / 全日本代表 男子

スパイクを打つ石川祐希(所属事務所提供)

バレーボールイタリア1部セリエAのレギュラーシーズン、前半・第7節、石川祐希の所属するミラノとチヴィタノーヴァの試合は、セットカウント0-3(20-25, 24-26, 22-25)でミラノが敗れた。

1セット目、首位ペルージャと勝点1点差で争うチヴィタノーヴァは、持ち前の攻撃力と5本のエースを含む得点で、試合の流れを一気に掴む。2セット目、ミラノは石川のサービスエースで同点に追いつくが、最後の1点が掴めず。第3セットでもチヴィタノーヴァに奪われ、ストレート負けを喫した。

石川祐希コメントと次戦スケジュール

1セットも獲ることができなかったので非常に悔しいです。また、自分のプレーも良くなかったですし、チームとしても良くなかったので、そこは反省しなければいけない。

石川はこの試合を振り返って、「特に1セット目は、サーブで崩されて、リードされて。1セット目にチームで獲られたサービスエースの本数は多かった(5本)。僕自身もサービスエースを獲られましたし、その辺を修正していかないといけない」と唇を噛んだ。

2セット目、3セット目に関しては「僅差だったんですけど、そこの1点をもぎ獲る力がまだ足りなかった。1点を獲るスキルをもっと磨かなければいけないと思います。サービスエースの本数とブロックの本数は同じでしたが、スパイクの決定率がチームトータルとして全体的に低かったですし、個人的にも低かったので、今日はチヴィタノーヴァのディフェンスが良かったです。でも、それでも決定率を上げなければいけないなと感じました」と分析した。

次戦に向けて「来週はペルージャという強豪ですけど、1点をもぎ取るスキルをつけて臨みたいと思います」と意気込んだ。

次戦:レギュラーシーズン “スーペルレガ” 前半・第8節、10月31日(土)現地時刻18:00(=日本時間:11月1日(日)am02:00)から、未だ無敗で首位を独走するペルージャ(Sir Safety Conad Perugia)をホームに迎えての一戦。

ミラノは今3位をキープしている。

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック