全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>V2男子10/25(日)旭川大会第1試合 サフィルヴァ北海道-長野GaRons 会見コメント

会見・コメント

2020-11-03 07:00 追加

V2男子10/25(日)旭川大会第1試合 サフィルヴァ北海道-長野GaRons 会見コメント

V2/V3 男子

--皆さんに伺います。次の試合は1週挟んで、砂川での開催となります。次の試合への意気込みを一言ずつお聞かせください。

上杉監督:砂川ではつくば、兵庫と対戦になります。チャレンジャー精神でやるしかないと思っていますので、常に、チーム全員で攻める気持ちを持って、戦いたいと思います。

神園:今日感じたのは、データバレーに対応出来ていない、ということです。データを見て攻めるということが出来るように、プレイや、チーム内での持っていき方などを考えたいと思います。データは正直なので、どのようにチームを持っていくか、どのように理解していくかというところで差が出てくると思います。今日はそこがうまく行かなかったと思いますので、これから、頭に入れて、体で表現していけるように、がんばって準備したいと思います。

奥田:(土曜日の)対戦相手のつくばは僕が2年前まで所属していたチームで、移籍が決まったときから、ずっと対戦するのを楽しみにしていました。楽しんで、古巣に立ち向かっていければと思っています。

次戦11/7(土)に対戦するつくばは、2014年から夏に北海道で合宿をおこなっている
(2020年は中止。写真は2019年)

 

十良澤:つくばは北海道に合宿に来て何回か対戦したり、こちらの選手の前の所属であったり、ゆかりのあるチームなので、ちょっと特別なチームと特別な試合になるんじゃないかと思うんですが、しっかりとプレイ面でも集中して、勝ちを取れるように、試合に臨みたいと思います。V2のチームは、試合の中でもしっかり修正してくるので、先手先手でトス回しができるようなシチュエーションを組めるよう、出場した際は、今の正セッターの佐藤(陸善)ともしっかり話し合いながら、試合に臨みます。

山口:今日の試合は、受けに回ってやられる場面が多かったので、次の試合は、自分たちから先手を取って攻めきれるように頑張っていきたいと思います。

桝谷:次の試合に向けて、今日は、オフェンス面でもディフェンス面でも、かなりたくさん課題が出たので、それを1個1個自分たちで修正していきながら、いい準備をして2連勝出来るようにしていきたいと思います。

写真・出口季里

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック