全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>清水邦広「自分がもっとラリー中に決めきれていれば楽な展開だったのでそこを修正したい」堺・関田「数字に出ない細かいところがパナソニックのほうが上だと感じた」V1男子会見

会見・コメント

2020-11-19 18:02 追加

清水邦広「自分がもっとラリー中に決めきれていれば楽な展開だったのでそこを修正したい」堺・関田「数字に出ない細かいところがパナソニックのほうが上だと感じた」V1男子会見

V1リーグ 男子

●ティリ監督
毎回いうんですけど、勝つことは簡単ではない。堺もいいプレーをしていいチーム。だからこそ簡単ではなかった。
序盤は結構怯えていたが、きりかえて、2,3,4セットは良かった。
今日の試合は、試合した中で一番いい試合だったかなという衣装でした。

――一番いい試合だったという理由は?
ティリ:清水、深津、クビアク、渡邉、永野、伊賀、小宮、山内、全選手がいいプレーをしてました。スタッツもそうなんですけど、1セット抜きで、2,3,4セットのスタッツがとても良かった。
みなさん
全体的にディフェンスもオフェンスも機能していたのでいい試合だった。

――渡邉選手を起用されたのは。また永野選手と伊賀選手をレセプションとディグで使い分けられたのは。
ティリ:スタメンに久原選手が入ったけど今日の調子がよくなかった。
渡邉さんはディフェンスもレセプションも全部機能していたのでよかったです。
チームなので、毎回同じ人が入ってることではなく、できるだけチーム一つになって誰を出すか考えることはしています。

またリベロに関してですが、まだ選手を知って1ヶ月くらいでまだまだいっぱい学ぶことがある。去年は伊賀さんと永野さん交代でいれていたそうですが、今日やってみて結構よかった。ふたりともいいプレーをしたので良かったと思います。

ーー余談なんですが、ティリ監督は髪を切られましたよね?

ティリ:はい。よくわかりましたね(笑)。先週連敗したので、何かを新しくしようと思って髪を切りました。どうやら成功したようです。

――明日に向けて。
ティリ:明日の試合もとても面白い試合になると思います。
今日みたいにプレッシャーもかかるでしょうし、それでいて今日とはぜんぜん違う試合になると思います。明日もきついと思いますが、全力で戦うだけです。

撮影:縞茉未

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック