全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>【バレー】日本人対決はパナソニックが快勝2位浮上・兒玉「初スタメンで緊張したが貢献できた」FC東京ホームで連日フルセットでしのぎ切る V1男子

トピックス

2020-12-06 16:53 追加

【バレー】日本人対決はパナソニックが快勝2位浮上・兒玉「初スタメンで緊張したが貢献できた」FC東京ホームで連日フルセットでしのぎ切る V1男子

V.LEAGUE DIVISION1MEN の結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVISION1MENは6日、広島県立総合体育館などで試合が行われ、助っ人外国人を怪我で欠いたJT広島とパナソニックは、パナソニックが前日のフルセット勝利に続き、ストレートで快勝。今シーズン初スタメンの兒玉康成が「初スタメンで緊張しましたが、周りに助けられたこともあり、チームに貢献できた」と胸を張った。

FC東京は前日と同じくフルセットの熱戦をホームの声援の後押しでしのぎきった。堺は大分三好に3-1で勝利し、6位に浮上した。サントリーと東レは今週末の2試合が中止で残り試合数が他チームより2多くなる。

順位 チーム   勝ち ポイント 残り試合数
1 WD名古屋   11勝  32p   残22
2 パナソニック 11勝  32p   残22
3 サントリー  10勝  28p   残24
4 ジェイテクト 10勝  26p   残22
5 JT広島    7勝   23p  残22
6 堺      7勝   21p  残22
7 東レ     7勝   20p  残24
8 FC東京    4勝   13p  残22
9 VC長野    1勝   6p   残22
10 大分三好    0勝   3p   残22

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック