全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>石川祐希が新型コロナ陽性に。容態は安定し、自宅で療養中

トピックス

2020-12-09 12:46 追加

石川祐希が新型コロナ陽性に。容態は安定し、自宅で療養中

石川祐希が新型コロナウイルスに感染

Others

 バレーボール日本代表のエースでイタリアの「パワーバレー・ミラノ」でプレーする石川祐希選手が新型コロナウイルスに感染したと9日、所属事務所が発表した。

 パワーバレー・ミラノは、現地時間の7日、「CEVチャンレジカップ・8位決定戦」(12月8日開催:3-0でミラノ勝利)に出場するため、イタリアバレーボール連盟により義務付けられている新型コロナウイルス感染症検査をミラノにて実施し、翌8日、石川選手を含む選手2名の陽性を確認した。
 現在、石川選手の容態は安定しており、イタリア政府保健当局と医療機関の指導の下、所属クラブの方針に従い、自宅での療養、経過観察をしているという。

 イタリアでは、10月以降、1日の新規感染者数が3万人を超える日が続き、11月6日から都市部を中心としたロックダウンがおこなわれるなど、国全体で深刻な状況が続いている。
 パワーバレー・ミラノは、これまで練習、試合会場に入館する際の検温とアルコールによる手指消毒、プレー時以外のマスク着用等の感染予防策を徹底しており、石川選手もチームの指導に従って自ら感染予防に努めていた。そのため、今回の陽性判定に大変驚き、悔しい思いをしているという。本人は1日でも早くファンに再びプレーを見せることができるよう治療に専念し、所属事務所も回復のため最大限のサポートをしていきたいとしている。 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック