全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>ゲームレポート>石川祐希のミラノが首位ペルージャに敗れ6連敗「良い方向には向かっている」 

ゲームレポート

2021-01-18 14:09 追加

石川祐希のミラノが首位ペルージャに敗れ6連敗「良い方向には向かっている」 

石川祐希試合とコメント

Others / 全日本代表 男子

懸命にスパイクする石川祐希(所属事務所提供)

バレーボール日本代表エース石川祐希を擁するイタリア1部リーグセリエAのミラノが17日レギュラーラウンド後半第8節を首位ペルージャと戦い、1-3で破れた。これでミラノは6連敗となった。

25-18、23-25、25-16、25-21と、中盤では接戦を演ずる者の、ピアッツア監督が「対戦相手の質の高さ」と表す、攻め入る隙を与えないペルージャに最後は押し切られての敗戦となった。石川選手はスターティングメンバーで出場し、攻守にわたり活躍を見せるも、ペルージャの堅固なブロックに対して思うように得点できず、10得点にとどまった。もっとも、チームでは2位の得点。

石川祐希コメントと次戦スケジュール
1セット目から結構大差でやられましたが、2セット目は、序盤からリードして、そのリードを保つことができた。これを継続していかなければいけないなと感じています。

また、メンバーも少しずつ戻ってきて、良い方向に向かっているので、来週の試合、再来週はコッパ・イタリアがあるので、そこでチームを修正して、良い方向にもっていきたい。

個人的には、レセプションに関しては悪くなかったですが、アタックに関してはディフェンスされたり、ブロックに捕まったりといったケースが多々あり、そこを改善していきたい。特にトスが合わなかったときの対処がうまくできていなかったので、その辺を修正して次の試合を臨みたい。

次戦は、1月21日(木)18:00(日本時間:22日(金)am02:00)より、後半・第4節、対モデナ戦。

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック