全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>急遽リモートマッチとなったパナソニック対JT広島はパナソニックが勝利 深津英臣「不安もあったがシンプルに勝ちにいくことだけに集中した」ジェイテクト連敗

トピックス

2021-01-23 22:18 追加

急遽リモートマッチとなったパナソニック対JT広島はパナソニックが勝利 深津英臣「不安もあったがシンプルに勝ちにいくことだけに集中した」ジェイテクト連敗

V.LEAGUE DIVION1MENの結果

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVION1MENは23日、パナソニックアリーナなどで試合が行われ、前日に発熱者が出て急遽リモートマッチとなったパナソニック対JT広島は、前日練習ができなかったハンディを乗り越えてパナソニックが完封。ティリ監督は「ファイナルステージに向けて非常に大きな勝利」と位置づけた。深津英臣主将は「前日練習ができず、午前中少しだけ練習して選手で集まって、シンプルに勝ちにいくことだけに集中しようと。
個人としては、今日の朝までどうなるかわからないという状況で不安もあったし、発熱した選手のことも心配でした。今日試合ができるとなったときに、『バレーボール好きだな』と思った」と喜びを噛み締めた。
JT広島小野寺太志は「どうしても苦手意識があるが、明日はそれを払拭したい」と前を向いた。

発熱者も含め選手とスタッフ全員がPCR検査を受け陰性となり、試合を行った。

VC長野がホームでFC東京を破り2勝目をあげた。今シーズン初の対戦となったサントリー対東レは、サントリーが3-1で白星をあげた。ジェイテクトはWD名古屋に連敗。堺は大分三好を下して5位となった。

順位  チーム  勝  ポイント  残り試合
1 WD名古屋  14勝   41    残18
2 パナソニック 14勝   40    残19
3 サントリー  13勝   37    残21
4 ジェイテクト 10勝   27    残18
5 堺      9勝    27    残19
6 JT広島    8勝    27    残19
7 東レ     8勝    22    残21
8 FC東京   6勝    19    残19
9 VC長野   2勝    9     残19
10 大分三好   0勝    3     残19

写真:縞茉未

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック