全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>群馬銀行・田中瑠奈「カルラ(クラリッチ)はチームをよく見てくれます」、アランマーレ、JAぎふ  V2女子会見コメント

会見・コメント

2021-12-02 14:20 追加

群馬銀行・田中瑠奈「カルラ(クラリッチ)はチームをよく見てくれます」、アランマーレ、JAぎふ  V2女子会見コメント

V2リーグ 女子

■ 群馬銀行グリーンウイングス

●田中瑠奈選手(アウトサイドヒッター)

フルセット、私たちが押される場面が多くありました。その中でも自分たちの持ち味であるサーブで攻めて、相手に継続的に押されないようにすることはできました。今回、課題はたくさんあったので、それを改善して来週に活かしていきたいと思います。

●中田唯香選手(アウトサイドヒッター)

相手のサーブに押されて自分たちが苦しい場面を作ってしまっていました。サーブレシーブが乱れた時にも攻撃まで持って行く、自分たちの形を作っていかなくてはと思います。オフェンス面で課題があるので、そこを改善して、次の試合に向けて頑張っていきたいと思います。

●安福若菜選手(ミドルブロッカー)

第1セットは自分たちが先に出て、余裕をもって勝ち切れたと思います。第2セットからは相手が対応してきました。自分たちが後手に回ってしまうことがあり、苦しい場面が多くなったと思います。最後の詰めに対する課題が残りました。

ーー田中選手に。現在の調子などは?

田中:大野石油との戦いあたりから調子が上がらなくて、その状況から抜け出さないといけないと思っています。昨日のアランマーレ戦では自分の良さが出たのですが、今日の試合ではチーム全体がバタバタした時に私もちょっと焦ってしまって。スパイクコースの幅が狭くなってしまったのが決め手にならなかった原因でもあります。相手に左右されず楽に助走に入ることを徹底してやれれば、いつも通りの「決まるフォーム」に持っていけるのかなと思うので自分自身をコントロールしていきたいです。

ーー中田選手に。昨日に続く途中出場からの活躍でした。

中田:雰囲気を変える役目が私にはあると思います。そのために得点を決める、自分の中ではそこを絶対にやろうと思っています。チームが苦しい状態になった時にどう流れを変えることができるか。これからも課題としてやっていきたいと思います。

ーー今日のプレーに関しては?

中田:相手のウィークポイントをまず攻めて決めようと思っていました。

ーー安福選手に。相手の攻撃に対して感じたことは?

安福:こちらのサーブが緩く相手にAパスをされてしまうことが多くて、ライトレフト両サイドからやられてしまうパターンが多くありました。両方ともマークに行ってミドルが後手に回ってしまう。最終セットはレフトを徹底マークしてブロックとディフェンスのコミュニケーション、クロスはディガーにお願いして、自分たちは間を締めることで対処しました。

ーー田中選手に。昨シーズン2冠(最高殊勲選手賞・得点王)を獲得したことで、自分の中に変化はありましたか?

田中:レフトエースとして託される立場になったことを実感しています。私の調子が上がらなかったり、決められなかった時にはチームも楽には勝てない。苦しい場面があることも感じています。自分のコンディションの悪さがチームを左右してしまう立場なので、意思とプレーでチームを引っ張っていかなければと思っています。

ーーV1のチームに勝つ、得点を取るということが入替戦で生じた課題だと思います。V2の試合の中から工夫していることなどは?

田中:ブロックを利用していくことが必要な場面も多いですし、相手のブロックが2枚来るのは確実なので、そこを打ち抜く高さも自分には必要なのかなと思います。私は強弱の中では強いスパイクが多いので、弱の工夫の仕方。もう少しできないと相手を崩せないのかなと感じています。

一同:ちょっとややこしいですね(笑)

ーー田中選手と中田選手に。クラリッチ選手から学んでいることなどは?

田中:すごく気を遣ってくれて、優しい人です。自分よりも周りを大事にしてくれるというか。私たちも周りを見ながらプレーをしている場面もあるのですが、カルラはそれ以上にチームを見てくれています。助けられている部分があると感じています。

中田:レフトのエースとして「もっと私に持ってこい」という声がけ、声を発して伝える姿勢は彼女から学ぶことが多いですね。最後に上がってくるのはレフトのポジションなので。高さは真似ができないですけど、そういった鼓舞する姿は学んでいきたいと思っています。

ーーアリガトウとかオツカレサマデスとか積極的に日本語を話してくれました。皆さんが日本語の教師になっていたりもしますか?

田中、中田:はい、常に。日常会話でカルラが「これ日本語だったら何て言うの?」みたいな感じですね。「日本語だったらこうだよ」と教えて反復練習で覚えるみたいな感じで毎日やっています。

ーー安福選手に。引き続きポジション3に挑戦しています。ブロードが得意であれば、ポジション6という選択もあると思いますが、今のポジションに対する手ごたえは?

安福:ブロードが得意というのは変わらずです。3のポジションに入った時にはフロントクイックですね。私の特徴である高さを活かして相手のブロックの上から打つ、そのプレーをもっと伸ばしてやっていけたらいいなと思います。今日に関してはサーブレシーブが崩されてしまって苦しい場面も多かったんですけど、(シーズンを通じては)レシーブが入っているので一発で決められるようなプレー、ですね。ミドルが決定力をしっかり上げていかないとレシーブをする選手も精神的にしんどいと思います。それぞれのセッターの特徴を活かしながらコンビの精度を高めていけたらと思っています。

ーー「決定力」という点でタイトルに対する意欲は?

安福:1位を狙いたいんですけど、そこだけにこだわらずにやっていけたらと思います。

チームの決めポーズがまだないので、即席でやっていただきました。群馬銀行のGを表現!

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック