全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>大分三好・小川監督「まずはセットをとって勝ちにつなげたい」米田「ジェイテクトといったら西田選手の印象が強いが、攻撃パターンを変えてきた」

会見・コメント

2021-01-31 09:15 追加

大分三好・小川監督「まずはセットをとって勝ちにつなげたい」米田「ジェイテクトといったら西田選手の印象が強いが、攻撃パターンを変えてきた」

大分三好記者会見

V1リーグ 男子

バレーボールV.LEAGUE DIVION1MEN 1/30に大分市大洲総合体育館で開催された大分三好対ジェイテクトの会見コメントをお届けする

大分三好0(23-25、16-25、17-25)3ジェイテクト

■大分三好ヴァイセアドラー

●小川貴史監督
入りこそ向こうがまだ調子が上がっておらずサイドアウトゲームできたんですけど、中盤離された展開になった。二枚替えで雰囲気を変えたいところで、替わって入った選手がチームの雰囲気を立て直してくれた。特にリリーフサーバーの米田。そこで同点まで追い付いたし、そういう勢いを作った中で最後はやっぱりミスで終わるという。サーブもそうですね、サーブで連続でブレイク取ってるのにサーブミス。全部がミスで流れを自分達で切ってしまったゲームだったなと。チームとしてサーブで攻めるのも大事ですけど、ゲームの展開を作るに当たってまずはひとりひとりの役割を確認して明日臨んで、今日の試合とは違った展開を作る。まずはセットをとって勝ちに繋げたいです。

●米田亘希選手
今週、ジェイテクトといったら西田選手というイメージが強いのでその対策をしてきたんですけど、今日はジェイテクトが攻撃のパターンを変えてきて、フェリペを中心で使ってきてそこに対応できなかったところが1セットも取れなかった要因だと思います。今日一日あるので、対策をして一勝できるような形を作れたらいいと思います。

●勝将哉選手
西田選手を警戒していたんですが、サイドがすごく良くてこちらも上手くいかない流れでそれが続いてしまいました。

●山田滉太選手
こっちが何もできなかったなという印象が強いですね。良いときはサーブから走ったりするんですが、今日はそれもなかったので相手にやりたいようにやられたなという感じです。

●井口直紀選手
相手の対策を一週間やった上で、サーブ、レシーブ、ブロック、ブロックディフェンスに関しても山田くんが言った通りはめきれてなかった…相手にコミットできてなかった。それが一番大きい要因だと思いますし、ジェイテクトさんはイージーシチュエーションの時にしっかりと点数を取ってくる。1対1の時でもしっかり決めきる力を持ったまま3セットいかれて。こっちはチャンスボールが入ってきた中でも決めきれず相手にもう一回チャンスを与えてしまうという展開が多かったので、そういうところが負けた要因かなと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック