全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>NEC・安田美南「高さを活かした速いトスでチームを勝たせたい」、KUROBE・島田美紅「攻撃面はまだまだ技術が必要」 V1女子V Cup会見

会見・コメント

2021-03-03 19:07 追加

NEC・安田美南「高さを活かした速いトスでチームを勝たせたい」、KUROBE・島田美紅「攻撃面はまだまだ技術が必要」 V1女子V Cup会見

V1リーグ 女子

●丸山貴也監督

競る場面も多かったのですが、最後はサーブレシーブのミスだとか、ちょっとしたつなぎのミスだとかで、競り合いを制することができませんでした。非常にもったいない試合であり、最後は惜しいセットを落としたと思っています。非常に残念な結果となりました。

――今日はリーグとは選手を入れ替えていましたが、試合に出場した選手たちの評価を教えてください。

丸山:リーグが終わり、入れ替え戦出場が決まりましたが、ずっと戦ってきた選手たちを休ませて、どんどん新しい選手を使ってV Cupを戦いながら入れ替え戦を目指していこうというチームの方針で今日の試合はスタートしました。大学生の島田、菊池、山城(愛心)はそれぞれ、 そんなに派手さはない選手ですが、非常に堅実なプレーをしてくれますので、 そういうところをどんどん伸ばしていってほしいと思っています。高さやパワーよりも巧さで勝負できる選手に育ってほしいと考えていて、そういう意味で今日はとてもよかったと思っています。

――1セット目は接戦を制することができましたが、1セット目のよかったところは? 逆に接戦となりながら、4セット目をとれなかった要因は?

丸山:1セット目はサーブレシーブがそれほど乱れず、乱れてもハイセットをリバウンドをとったり、そこから最後に攻撃を展開したり、そういうプレーを目標にしていましたが、それが思ったような形でできたことです。それからサウスポーの浮島(杏加子)を上手に使えて、それが上手くはまった感じでした。とれなかったセットは、サーブレシーブがボロボロになってしまっていました。相手のサーブ賞をとった山内(美咲)選手にかなりやられましたね(苦笑)こうなってしまうと何もできない。ハイセットを打ち切るだけの選手がうちにはいないものですから。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック