全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>埼玉上尾・佐藤優花「自分ができることを全力でやろうと思った」、日立・野中瑠衣「凡ミスや集中力に欠けたプレーが出てしまった」 V1女子 V Cup 会見コメント

会見・コメント

2021-03-04 22:18 追加

埼玉上尾・佐藤優花「自分ができることを全力でやろうと思った」、日立・野中瑠衣「凡ミスや集中力に欠けたプレーが出てしまった」 V1女子 V Cup 会見コメント

V1女子 V Cup 埼玉上尾対日立 会見コメント

V1リーグ 女子

 2月27日に埼玉県立武道館で行われたバレーボールV1女子V Cup予選ラウンド埼玉上尾メディックス対日立リヴァーレの記者会見コメントをお届けする。

埼玉上尾メディックス 3(25-19、25-15、25-21)0 日立リヴァーレ

■日立リヴァーレ

●野中瑠衣選手

チームとしてはストレートで敗れ、相手にやりたいようにされてしまい、自分たちが何も流れを作り出せないで終わってしまったなという印象です。
個人としては小さい凡ミスだったり、集中力に欠けたプレーが出てしまい、途中交代になったので、すごく悔しいし、情けないなと思います。

――ベンチに退いた後、コートの外から戦況を見ていて気がついたことはありますか?

野中:1レグの後半からだんだん自分がスタートで試合に出させてもらえるようになってきて、最初の頃はがむしゃらに思い切りできていたと思うのですが、最近は考えすぎて逆に決まらなくなってしまったり、振り切れていない時があります。ベンチに下がった時には思い切り打ち切るということをやらなければならないなと思いました。

――チームとして、個人として、V Cupにはどのような気持ちで臨んでいますか?

野中:リーグ最終戦の久光戦でフルセットで勝利し、順位としては悔しい結果ではありましたが、最後の終わり方としてはチームとして良い流れで終われました。そのいい雰囲気をそのままV Cupに持っていきたかったのですが、今日はそういうゲームができなかったので、 もう一回明日からチームでやるべきことを立て直して、自分もチームの勝利のために何ができるかをしっかり考えて、コートの中でそれが体現できるようにしていきたいです。


>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック