全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>ゲームレポート>石川祐希、CEVチャレンジカップ決勝第1戦をフルセット勝利、クラブ史上初の優勝まで王手「絶対に優勝する」

ゲームレポート

2021-03-18 11:27 追加

石川祐希、CEVチャレンジカップ決勝第1戦をフルセット勝利、クラブ史上初の優勝まで王手「絶対に優勝する」

ミラノ試合レポート

Others

所属事務所提供

バレーボール日本代表エースの石川祐希擁するイタリア1部リーグせりエA・パワーバレーミラノは17日、CEVチャレンジカップ・決勝第1戦のジラート・バンカシSKアンカラ(トルコ一部リーグ今季首位)を戦い、フルセットの末、3-2で勝利した。

「3日おきに試合」というハードなスケジュールが続く中、全体的にミスの目立った試合だったが、決勝第1戦を勝ち切り、24日に予定されている優勝トロフィーを授与するリターンマッチに向けて王手を掴んだ。

試合は、セットカウント1-2でリードされ後がない第4セット。ミラノはウールナウト選手(#17・スロベニア)に代わって入ったマール選手(#7・カナダ)が2セットで12得点の活躍を見せ、チームの勝利に貢献した。石川はこの試合もスターティングメンバーとして出場し、40本のレセプションを受けたが、思うようなパフォーマンスが発揮できず、勝利を喜びながらも、悔しさを滲ませた。

この試合で、勝ち点はミラノ=2、ジラート=1を獲得。次戦は、ジラート・バンカシSKアンカラのホーム戦(24日(水)18:00・日本時間=翌00:00)。優勝の行方は、1.ミラノが勝てば、ミラノが優勝。2.ジラートが3-0または3-1で勝てば、ジラートの優勝。3.3-2でジラートが勝った場合は、勝ち点3-3の同点となり、「ゴールデンセット」によって勝ったチームが優勝となる。

そして、次戦は再びイタリア国内プレイオフに戻り、準決勝進出をかけた強豪ペルージャとの最終戦に臨む。3月21日(日)18:00(=日本時間:翌am02:00)、試合開始だ。

>> ゲームレポートのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック