全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>会見・コメント>V Cup優勝の埼玉上尾・山岸あかね主将「プレッシャーが少なかったからチームが上手く回った」、佐藤優花「最後の1点は気持ちで打ち切れた」 会見コメント

会見・コメント

2021-04-01 07:00 追加

V Cup優勝の埼玉上尾・山岸あかね主将「プレッシャーが少なかったからチームが上手く回った」、佐藤優花「最後の1点は気持ちで打ち切れた」 会見コメント

V Cup優勝・埼玉上尾 会見コメント

V1リーグ 女子

3月27・28日に大田区総合体育館(東京都大田区)で行われたバレーボールV1女子、V Cupファイナルラウンド優勝チーム、埼玉上尾メディックスの会見コメントをお届けする。

■3月27日 セミファイナル
埼玉上尾メディックス 3(25-21、25-22、18-25、18-25、15-13)2 JTマーヴェラス

●内瀬戸真実選手

最後の1点を取るまで、とてもきつい試合でした。最後の1点は全員で取りきったものだと思うので、この勝ちをしっかり明日の試合につなげて頑張りたいと思います。

●山岸あかね主将

厳しい試合になることは想像していましたが、思っていた以上に厳しい展開でした。
今までフルセットの試合が少なくて、フルセットの時に勝つこともできていなかったのですが、こういう大事な試合で勝つことができて、よかったと思っています。

●山崎のの花選手

苦しい場面が多い試合になりましたが、 そういう場面でアタッカーに助けてもらいました。私が少しでもブロックを振ったりすると、アタッカーが応えてくれたり、ミドルの選手もサイドに振ることを考えて入ってくれたり、今までやってきた練習が試合で出せたのかなと思います。 明日も今日みたいに、みんなで一丸となって勝ちたいと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック