全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>トヨタ車体とKUROBEのV1残留が決定 V・チャレンジマッチ女子第2日目

トピックス

2021-04-05 04:07 追加

トヨタ車体とKUROBEのV1残留が決定 V・チャレンジマッチ女子第2日目

V・チャレンジマッチ女子 第2戦の結果

V1リーグ 女子 / V2リーグ 女子

 V.LEAGUE DIVISION1女子11位のトヨタ車体クインシーズとDIVISION2女子2位のルートインホテルズブリリアントアリーズ、DIVISION1女子12位のKUROBEアクアフェアリーズとDIVISION2女子1位の群馬銀行グリーンウイングスによるV・チャレンジマッチ(入替戦)は4日、第2戦が長岡市市民体育館(新潟県長岡市)で行われた。

 3日の第1戦同様、第1試合はトヨタ車体とルートインが対戦。第1セットはトヨタ車体がサーブで崩し、25-17で先取する。第2セットはルートインが多彩な攻撃で攻め、ソロカイテ(インドレ)を擁するトヨタ車体と互角の打ち合いとなり、デュースにもつれこむ。どちらも譲らぬ展開となるが、トヨタ車体が32-30で辛くもセットを連取した。第3セットも一進一退の攻防となるが、トヨタ車体はルーキー・大川愛海の活躍で25-23で逃げ切り、結果的にストレートで勝利した。

 第2試合はKUROBEと群馬銀行が対戦。第1セットは群馬銀行が粘り強いバレーを展開し、25-20で先取する。しかし、第2セットに入るとKUROBEが本来の調子となり、リー・シモーンらの攻撃で大量にリード。25-13と点差をつけてセットを取り返した。ところが第3セットは再び接戦となり、群馬銀行がレシーブで粘ってリードする。しかし、KUROBEは梅津憂理らの活躍で逆転し、25-23でセットを奪取した。第4セットも白熱した戦いとなったが、KUROBEが終始リードする展開でそのまま逃げ切り、25-20でこのセットも連取して、3-1で勝利した。

 前日にストレートで勝利していたトヨタ車体とKUROBEはともに1セットとればV1残留が決まる状況だったため、どちらも試合中に残留を決めた。



写真:堀江丈

 

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事