全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>男子代表がオランダに2セットダウンから大逆転勝利 高橋藍「1、2セット取られて厳しかったが『1セット1セットやりきる』と石川主将に言われてやりきった」VNL

トピックス

2021-05-29 23:01 追加

男子代表がオランダに2セットダウンから大逆転勝利 高橋藍「1、2セット取られて厳しかったが『1セット1セットやりきる』と石川主将に言われてやりきった」VNL

VNLオランダ戦の結果

全日本代表 男子

バレーボール男子日本代表は29日、イタリアで行われているネーションズリーグの第2戦をオランダと戦い、2セットダウンからの大逆転で勝利をものにした。

スターティングメンバーは以下の通り。
清水、小野寺、藤井、山内、石川、高橋藍、リベロ山本

セッターを関田に、山内を高橋健太郎に、清水を大塚にかえて流れを変えた。

試合後、高橋藍は「1、2セットとられてメンタル的にも厳しいところがあったが、『自分たちがやることは1セット1セット自分たちのバレーをやりきるだけ』と言われ、そのとおりやりきることができた。この経験は大きいので明日からは3セットで勝ちたい」とコメントした。

中垣内監督は昨日のイラン戦のあと発熱し、ベンチを外れた。PCR検査は陰性とのこと。

写真:黒羽白

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事