全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>女子日本代表、若手中心のイタリアにフルセットで辛勝。古賀紗理那「絶対に落とせない試合だった」 VNL2021

トピックス

2021-06-02 05:17 追加

女子日本代表、若手中心のイタリアにフルセットで辛勝。古賀紗理那「絶対に落とせない試合だった」 VNL2021

VNL 女子 イタリア戦の結果

全日本代表 女子

 イタリア・リミニで開催中のバレーボールネーションズリーグは1日(日本時間2日未明)、女子第5戦の試合が行われ、日本は開催国のイタリアと対戦。3-2(27-25、25-19、16-25、21-25、15-13)のフルセットで競り勝った。

 スターティングメンバーは、黒後愛、古賀紗理那、島村春世、荒木絵里香、石川真佑、籾井あき、リベロ・小幡真子。

 日本は、ここまで白星のない若手中心メンバーのイタリアに対し、苦しい戦いとなったが、主将の荒木絵里香、副主将の古賀紗理那が安定した活躍でチームを救った。試合後、古賀は「試合の入りはよかったが、3・4セット目は自チームのミスが多かったことがフルセットになった原因だと思う。イタリアはパワーが違うという印象だったが、絶対に最終セットをとるという気持ちで戦った。前の試合でブラジルにストレート負けしているので、絶対に落とせない1戦だった」と話した。

 なお、イタリア戦は2日16時30分からBS-TBSで放映される(録画)。
 また、次戦は2日の日本時間22時からロシアと対戦。ロシア戦はBS-TBSで生中継される。


写真提供:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事