全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


ボシュロム アクアロックス

バレーボールマガジン>トピックス>女子日本代表、ポーランドに2セットダウンからの大逆転でフルセット勝利。古賀紗理那「チーム一丸となって戦った」 VNL2021

トピックス

2021-06-09 01:55 追加

女子日本代表、ポーランドに2セットダウンからの大逆転でフルセット勝利。古賀紗理那「チーム一丸となって戦った」 VNL2021

VNL女子 ポーランド戦の結果

全日本代表 女子

 イタリア・リミニで開催中のバレーボールネーションズリーグ2021は8日、女子の第9戦、ポーランド戦が行われ、日本は2セットを失ってからの大逆転でフルセット(22-25、22-25、25-22、25-23、16-14)の激闘を制した。日本はここまで7勝2敗。

 日本のスターティングメンバーは、黒後愛、古賀紗理那、荒木絵里香、石川真佑、山田二千華、籾井あき、リベロ・小幡真子。

 チーム最多の26得点を挙げた古賀は、試合後に「今日はフルセットを勝ち切れてホッとしている。チーム一丸となって戦おうとみんなで話し、それを体現できたことが勝利につながったと思う。ディフェンスは最初失点が多かったが、フロントとバックの関係性を見直した。勝つことでチームにとっても個人にとっても自信につながるので、そこをモチベーションにして戦っている」と話した。

 女子の次戦は6月12日の日本時間20時からトルコと対戦する。この試合はBS-TBSで生中継されるほか、25:58(翌1:58)から地上波のTBSで録画放送がある。有料のvolleyball.tvでは全試合をリアルタイムで配信している。

 9日から3日間は男子の試合となり、9日は日本時間の19時からオーストラリアと対戦。テレビは同日21時からBS-TBSで放送される。


写真提供:FIVB

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事