全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>会見・コメント>埼玉上尾・青柳京古「高い打点から打つミドルブロッカーもいるというところをアピールできれば」、KUROBE・ラッツ・メレーテ「日本のバレーの速い動きやディフェンスのよさを楽しみたい」 V1女子会見

会見・コメント

2022-01-21 18:05 追加

埼玉上尾・青柳京古「高い打点から打つミドルブロッカーもいるというところをアピールできれば」、KUROBE・ラッツ・メレーテ「日本のバレーの速い動きやディフェンスのよさを楽しみたい」 V1女子会見

V1リーグ 女子

●丸山貴也監督

今年最初の試合ということで、何とか良いスタートを切りたいと思っていましたが、第3セットの最後でつなぎのミスが出て、取りきれなかったところが今日の敗因のひとつかなと。まだまだやるべきことがたくさんあるのかなという残念なゲームだったと思います。明日はそれをうまくリベンジして、頑張りたいです。

――ラッツ選手がコートに立つようになり、活躍していますが、現在の評価は? また、今日、内定選手の福本眸選手をリリーフサーバーで起用されました。本来のポジションはリベロですが、当面はリリーフサーバーとして起用するのかどうかも教えてください。

丸山:ラッツはリーグ前に腹直筋を傷めて、そのせいでずっと試合に出られない状況で、昨年末のトヨタ車体戦で2連勝した後、また少し同じ箇所を傷めて、今年に入ってからスパイクを打ち始めた状況です。セッターとのコンビがしっかりできてくれば、いい形で彼女に繋げて、点数をとってくれると思います。いちばん大きいのはブロックで相手を潰すことができるので、そういういい部分をしっかり出せるようなフォーメーションを考えていきたいと思います。もう休んでもらうわけにはいかないので、フルにコートに立ってほしいと思っています。内定選手の福本は三重高校→国士舘大の出身で、非常に巧いリベロです。今すぐリベロとしてVで戦っても、他のチームのリベロと遜色ないくらいなので、将来的に非常に楽しみです。ただ、うちには立石(優華)もいますので、うまく使いながら、後ろで苦しい時に投入するという形になると思います。

――他の内定選手も今シーズン中にベンチ入りの可能性がありますか?

丸山:もうチームに合流していますが、今シーズン中についてはまだこれから考える段階です。

――セッターの起用はリーグ序盤は菊池(杏菜)選手が先発で、現在は昨シーズン同様、小西選手がスタメンで出ていますが、それぞれの評価は?

丸山:2人ともそれぞれ一長一短あり、小西は身長が173cmあるので、ブロック力があり、高いところでセットアップできる。ただ、膝に持病があるので、ディフェンス面が弱い。菊池は逆にブロックは低いですけど、ディフェンス力があり、速い攻撃ができるので、なかなかどっちをメインというわけにはいかないんですね。今日みたいにうまく使い分けをしながら戦っていくのがいちばんいいのかなと思っています。

ーーリーグ序盤は星加(輝)選手を控えに起用されていましたが…?

丸山:小西は9月から11月までケガで思うように動けない状況でした。やっとここにきて動ける状態になりました。

ーーラッツ選手は明るい性格のように見受けられますが、パーソナリティーは?

丸山:非常に理詰めといいますか、理論的に物事を考えるタイプです。こちらも「こうだから、こうなんだよ」と説明をすると、それをしっかり理解してやってくれます。ケガからの復帰も自分の状態を見て計画を立てながら、「今はこうだからこうしよう」と自分自身でやってくれていました。非常にクレバーな選手です。

ーーチームは昨年末に2連勝して上向きになっていると思いますが…?

丸山:ディフェンスとトスに行くまでのつなぎがちょっと弱いですね。そこが今日の上尾さんとの違いでした。攻撃力やブロックはうちの方がよかったと思うのですが。ラリー中、細沼が3本連続でラッツに高いトスを上げましたが、3本ともとんでもないトスになってしまった。こういうところを何とかしていかないと、点数をとれるところでとれない勿体ないゲームになってしまう。そこが課題ですね。
2連勝してモチベーションが上がっているので、そういう勢いを大事にしながらやっていきたいと思います。

>> 会見・コメントのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック