全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>ランキング1位の菅原里奈が8ブロック。アランマーレが快勝で首位。大野石油は課題解決へ価値のあるセット奪取。 V2女子

トピックス

2022-02-06 21:29 追加

ランキング1位の菅原里奈が8ブロック。アランマーレが快勝で首位。大野石油は課題解決へ価値のあるセット奪取。 V2女子

V2女子の結果

V2リーグ 女子

2021-22 V.LEAGUE DIVISION2 WOMEN(V2女子)は2月6日、ヤマト市民体育館前橋(群馬県)でリモートマッチを開催した。

開催試合はアランマーレ対大野石油。双方がサーブ&ブロックを戦術の軸とするチームだ。

アランマーレは5日時点で2位。ここまで何度も暫定首位に立ち、群馬銀行、ルートインと首位争いを繰り広げている。
対する大野石油は今季、なかなか実力を発揮できずに苦戦中の9位。試合間隔も影響し、前日は仙台に惨敗を喫している。

第1セットはアランマーレ。投野ひかる、木村友里らのサーブからトータルディフェンスが機能し、ブレイクを重ね、25-14。
スコア上はアランマーレの圧勝。だが、大野石油は本来の持ち味であるサーブ、ディフェンスでの粘りを随所に発揮し始めており、反撃の空気も感じさせる。

第2セットは27-25の接戦でアランマーレ。

第3セットは16-9と途中までアランマーレが大幅に先行するが、ここから大野石油は折れずに粘り強く戦う。メンバーチェンジも駆使し、大野石油は25-23とついに逆転。前日からの課題解決に繋がる価値のあるセット奪取となった。

第4セットはアランマーレが再び突き放し、25-15で試合終了。

この結果、アランマーレは再び首位に。
敗れはしたものの、自分たちの課題に対し、一定の答えを出した大野石油。観客のいないリモートマッチではあったが、双方にとって大きな意味のある試合となった。

試合を通じてはアランマーレのミドルブロッカー菅原里奈がアタックで12得点、ブロックで8得点のハイスコアを叩き出した。昨季ブロック賞の菅原里奈は現時点でブロック決定本数1位。2年連続のブロック賞受賞にも期待がかかる。
余談だが、草島華穂選手とおそろいの髪留めは菅原選手の自作とのこと。

次週は2月12日、熊本県にて熊本対群馬銀行の試合が予定されている。

2月6日終了時点での勝敗は下記の通り。

・アランマーレ(14試合11勝3敗、34ポイント)
・群馬銀行(12試合11勝1敗、32ポイント)
・ルートイン(12試合10勝2敗、27ポイント)
・浜松(11試合5勝6敗、15ポイント)
・JAぎふ(10試合5勝5敗、15ポイント)
・千葉(11試合5勝6敗、14ポイント)
・GSS東京(9試合3勝6敗、10ポイント)
・仙台(9試合3勝6敗、9ポイント)
・大野石油(10試合2勝8敗、6ポイント)
・熊本(12試合0勝12敗、3ポイント)

撮影 堀江丈

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事

コメント

Sorry, the comment form is closed at this time.

トラックバック