全日本バレー、Vリーグ、大学バレー、高校バレーの最新情報をお届けするバレーボールWebマガジン|バレーボールマガジン


バレーボールマガジン>トピックス>男子の早稲田、明治下して好スタート。女子は筑波、東海が突っ走って4連勝 関東大学バレーボール春季リーグ戦1部

トピックス

2022-04-17 21:54 追加

男子の早稲田、明治下して好スタート。女子は筑波、東海が突っ走って4連勝 関東大学バレーボール春季リーグ戦1部

関東大学バレーボール春季リーグ戦1部の結果

大学バレー 女子 / 大学バレー 男子

 バレーボールの関東大学2022年度春季リーグ戦1部は17日、神奈川・小田原アリーナで続開。第2日の男子は筑波大が東海大をフルセットで、日本大は駒澤大を3-1で下して共に2勝目。学生王者の早稲田大は明治大をストレートで下して好スタートを切りました。第4日の女子では筑波大、東海大が突っ走って4勝目を挙げています。この日も新型コロナの影響で6試合のうち男子は3試合が、女子も1試合が、それぞれ中止・延期。

[男子]▽第2日(17日・小田原アリーナ)
 筑波大(2-0)3-2東海大(0-1)、日本大(2-0)3-1駒澤大(0-1)、早稲田大(1-0)3-0明治大(0-2)
 
[女子]▽第4日(17日・小田原アリーナ)
 筑波大(4-0)3-0日本女子体育大(1-2)、東海大(4-0)3-0嘉悦大(0-2)、東京女子体育大(3-1)3-1青山学院大(1-2)、日本大(2-0)3-1大東文化大(0-2)、日本体育大(1-1)3-2桜美林大(0-4)

(注)校名横カッコ内は今リーグ戦通算成績。

>> トピックスのページ一覧へ戻る

同じカテゴリの最近の記事